Bonsaiはお好きですか?

  • 2014.06.18 Wednesday
  • 22:40
 

Bonsaiと言っても凡才ではなく盆栽ね
そんな盆栽ばかりを集めた美術館があるわけです


知らなかった世界を覗いてる



       


     小林國雄著「Bonsai」
     親方と呼ばれたその方はすごい方でした      
     ご自身も世界を飛び回っている「空飛ぶ盆栽作家」と呼ばれる
     海外から彼の下に学ぼうとする若者がこぞってくる
     盆栽ばかりを集め、盆栽にとって好ましい美術館を10億円かけて建ててしまった
     そこは美術館と言うより盆栽の住む家だった





そう言えば、かつて私は覗かないと思っていたのがHawaiiだ
それはみんながみんなこぞって行くから^m^こうなると好きになれない(笑、ひねくれている)
行くものかとさえ思ってた
でも、行ってもいないのに好きじゃないと決めているのもどうなのだろう
行ってみてからやっぱり好きじゃないと決めるのがスジではないか

それでも多くの人とは外れてハワイ島に行ったのがHawaiiの初めて物語
その後の私は見ての通り、Hawaiiの離島好きと化してます^^;
(オアフ島は滞在したい島ではなかったと、行って知った)



       
      


もうひとつ、私には禁断のドアがあった…
それが盆栽
小さな鉢の土の中で、植物が人の勝手で封じ込まれつくられていく
枝ぶりが操作されたり、作品を競い合うなど
しかもそこに桁違いの値がついたりして… これは近づいちゃいけないw
木だって自然にのびのび生えているのが幸せに決まっている、と…


そんな折、かつてブログ友だったkikoさんからこの美術館行きのお誘いがあった
これは「覗いておいた方がいいよ、とにかく見てご覧」という神様の声かもしれない
というわけで、私としてはあり得なかった盆栽美術館にいるわけですw





       

              




   そっか、なんでも盆栽になるんだ〜
   松ばかりが頭に浮かんでいたけど、鉢の中にはなんでもありと知る
   じゃ、うちにある鉢植えのパキラとかは?
   盆栽とは言わないんですよね〜?
   



       



盆栽にとって快適な空間がつくられていた
↓これが盆栽美術館の建物

庭にも所狭しと盆栽の鉢が並ぶ
小林館長さん(親方)のお話を聞きながら見て回る

盆栽に必要なのは
 水、
 光、温度、そして愛情、この4つだけというお話


 



       
                 春花園Bonsai美術館
                 江戸川区新堀1−29−16



盆栽経験ありの友人に言われた
留守ができなくなるよと、、放浪の私にはムリだ〜と

あ〜そうだった、親方も「水、毎日の水やり(しかも夏は朝晩)」と一番に掲げていた
ハマったらさぁ大変
旅に行けなくなってしまうね



Bonsai不思議な世界だとは思う
生きているものが相手、愛情をかけながら育てながら作っていく小さな空間、世界は
実は大きなことを教えてくれているのだろうか…
今の私にはこの盆栽への扉は触れてみたけどなんだかちょっとまだ重い





 

だってぇ、誕生日だから…

  • 2014.06.04 Wednesday
  • 21:52
 


今日はなにか書いておこう! だって、今日はブログの誕生日だからね^^v
イェーイ!
ってなにがイェーイ?



       
                               沖縄と言えばCoco!
                                                                           石垣の小さな島にもCoco!
                                                                           沖縄にセブンイレブンはないよ〜!
                         でも、沖縄進出検討中とか…
                                                                           




あれは 10年前のこと、2004年6月4日
当時はブログが画期的で時代の先端SNSだったのになぁ
びびび〜〜と来て飛びついたブログだった
今じゃ細々…
ブログ人口もかなり減少していることだろう
こういう類いのものは一人では成り立たない
多くの熱が集まって盛り上がるもの、寂しいけどブログの時代は終わっている



そんな中で一応続いてる イェーイ!と言わずしてなんと言う?(笑)
ひとりで、心の中でひっそりとお祝いするつもりでしたが

         みなさまあってのブログ、貴重な読者のみなさまへ感謝を込めて…
         お越しいただきありがとうございます









   

1年の重み

  • 2014.05.30 Friday
  • 21:17
 


ナンダカンダ誕生会が終わりました〜


一年経って父は一つ無事に歳を重ねたと同時に、それは
ひ孫が3人から4人に増えた一年でした



       



    nanaも成長したね…
    歌が好き!



       






          






     この二人もまた…
     一年前はmikuが余りにしつこくて、途中からsakiちゃんに鬱陶しがられた
     けれど今年はずっと仲良く遊んでいたね



       



      シャボン玉も上手になったし、取り合いも減ったし…
      
      sakiちゃんの弟も8ヶ月?9ヶ月? ハイハイするようになってる
      すごいね〜 いろんなことができる子供たちの1年は大きいなって思う


       





    さて、父も一つ年とったということは…
    5月生まれの私も歳喰いました〜^^;
    相変わらず母の日とお誕生日が一緒にされてます
    私の一年はなにができるようになった?

    一つだけ頑張ったのは着物がさっさと着られるようになったこと(笑)
    留袖を着て帯締めて20分で可能!
    それくらいだな…

    また来年みんなが元気に集まれますように















準備中につき少々お待ちください

  • 2014.05.24 Saturday
  • 21:17
 


明日は21日に83歳になった父のお誕生日会をします
mikuとnanaにも会える〜〜(嬉)
はとこちゃん、昨年の誕生日会から1人増えたので天使が4人^m^うふふ
あれっ、天使ってどう数えるんだろう??(笑)



       





この一年、無事に過ごせたことに感謝です
父のお誕生日会でありながら、やはり父がいて私が今ここにあるんだと思う

また一年、元気に暮らせますように…


       



楽しい会にしましょ! ただいま慌ただしく準備中
お酒冷やしましたとも〜!


      では、これにて失礼いたします…












石垣牛って…

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 21:32
 

石垣島に到着し、翌日はドライブ
川平湾で遊び、その後島の最北端まで出かける

綺麗だったなぁ〜海
ちょっと日本とは思えない

      




心地よい風が吹く
このあと身を乗り出した二人だった


          





ドライブの途中にはこんなふうに牛が遊ぶ


      





そんな牛を目の前にした後で、その日の夕食はと言えば…



          




狂喜乱舞(笑)全身で喜ぶnana
アレを前にして…




続きを読む >>

梅雨入りに遭遇する

  • 2014.05.07 Wednesday
  • 23:08
 

「あ、ここだ〜ここに来たんだ」と、じぃじが言う



竹富島で自転車4台を借りてサイクリング
二人は後ろに乗せて…
サイクリングは無理だろうと思っていた
朝の激しい雨はいつしか止み、涼しい風を切って島を巡った



4台で自転車競争になる(笑)
一番になりたがるmiku.「待て待て〜!負けないよ」私も真剣になってしまったり…
気に入った風景に会っては、そこで自転車を止める




      


    じぃじ、あ、夫はこのビーチに立ち、昔に飛んでいるのだろうか
    mikuもnanaもいない、私さえにも出会っていなかった昔のこのビーチに…


              竹富島コンドイビーチで…
    




(石垣島)川平湾も綺麗だったな、私も懐かしい場所
だけど、今回は二人も一緒なのでまた新鮮だった
グラスボートで海の中のお魚たちに わぁ〜きゃ〜言いながら…



      




二年前にも娘たち家族とやってきた沖縄
今回は石垣島滞在、船で西表島までいくことができた
水牛車で西表から由布島へ、亜熱帯のまるで違う国のような風景が続いた

この日沖縄地方は梅雨入りと発表された



      




nanaが着ている服を二年前mikuが着ていたね、その頃かなり長かった
大きくなったものだ、ポーズをとるようになってしまった


「あーちゃん、とってとって〜」と言う
撮った写真も 「みせて〜みせて〜」と言う
可愛く撮れたことに満足だったみたい^m^


     




4日間の楽しい時間はあっという間
帰りは羽田に近づいてほしくないような気持ちのまま、へたくそな着陸で現実に返った(笑)
これまでの中でワースト3に入る^^;


        また一緒にお出かけしようね
        そう言って別れた羽田空港
        ずっと手を振っていたね…










この風のように、あの木のように…

  • 2014.04.26 Saturday
  • 10:03
 

花見山に行く前に立ち寄ったカフェギャラリー

住宅街にひっそりとあり、見落としてしまいそうだった




          
                       光と影と、木と土と…




  ふうとぼく

  いい風が吹いていたなぁ〜


       「風と木」福島県福島市渡利字番匠町56-2      



      




れりご〜 れりご〜

先日mikuが歌ってた

アナと雪の女王を観たんだって…



      
                        背中も見られてます…



れりご〜

この風のように、あの木のように…

れりご〜♪



      

                             花見山で…

                    春爛漫、桃源郷のような花見山を歩きました










さくら前線を追っかけて…

  • 2014.04.21 Monday
  • 23:16
 

かなり前から予定していたので花の咲き具合といい、お天気といい、
こればかりは運次第
何日か前まで雨マークが出ていた土曜日、あ〜今年はダメかな〜
雨さえ降らなければいいんだけど…



       



そのお天気も金曜日に崩れる、土曜日は晴れた!
これほど嬉しかったこともない
またまた晴れ女と崇められる(笑)
福島へのお花見はそうそう簡単に行けるものではないから
それに、かの滝桜は金曜日に満開になったと伝え聞く、神様はいたのだ(笑)


     
       
                      須賀川温泉 おとぎの宿米屋



お宿のさくらも満開だった
さくらを愛でながら露天風呂に浸かる幸せに酔う
この世にもしも桜と温泉がなかったなら…
私は生きていけそうもない(笑)
お酒を3番目に入れることには納得しても、2番目と3番目には大きな隔たりがある
そんな大好きなものに浸れた土日







まずは三春の滝桜に逢いにいく…



      



1000年もここで生きてきた滝桜は何を思うのだろうか…
春が来て花を咲かせて大きく伸びをしているようでもあるし
こんなに人がたくさん集まっていることを喜んでいるようにも見える


さくらの下にはストーリーがある



      



過去のお花見の場面がふっと浮かんだりする
去年の滝桜は暦で言えば一週間前だった、8分咲きくらいだったな〜
(今年は枝がスッキリと剪定されていた)
さくらの花は懐かしい時間へと誘ってくれる
そう言えばnanaが生まれた日もさくらが咲いていた
さくらに召されたあの方は天からお花見しているだろうか
お花見なんて興味もなかった頃の入学式のさくらを思う
東京の葉桜になってしまった公園のさくらを思う…

そして、あと何回お花見できるんだろうと思ったりもする







                          
                       釈迦堂川沿いのさくら並木(須賀川市)




   東北の春は一遍に来ることが本当に不思議だ
   東京では一ヶ月もかけて徐々に咲き始めた花が、ここでは一度に!
   たんぽぽ、菜の花、レンギョウ、梅、桃、ボケ、さくら、チューリップ…
   何もかもが一斉に春を喜んでいる
   


さくらの下にはストーリーがある
河川敷では子供たちが走る、記念撮影する人たち、お弁当を広げる家族
時折花びらが舞う
ちょっと冷たい風に鯉のぼりが泳ぐ…






東京ではフィナーレ

  • 2014.04.09 Wednesday
  • 22:41
 

さくらの追っかけも東京ではおしまいに近づきました
前回の記事から目黒川、中野通り、新井薬師、武蔵野市グランド、神代植物園と巡ったけど
ブログは追いつけないでいます^^;


そうそう、土曜日は娘たちと江ノ島遠足
さて、帰り道です(笑)
小田急線の片瀬江ノ島から乗車、家に無事に着くまでが遠足です(と、先生にも言われましたけどw)
途中駅で娘たちと別れ、終点新宿まで乗るつもりがなぜか下北沢駅が私を強く引っぱるでは…

「降りよう〜!」突然のこころ変わり、私
こういうとき、予定外の行動はほとんどしない夫は
「え〜〜〜っ!?」気乗りしていない、私は一人でも降りる覚悟(笑)
しぶしぶの夫とともに下北沢から、気づくと井の頭線に乗ってた!
気づくと吉祥寺、井の頭公園にいた(笑)


あ〜!間に合った、日没にもさくらにも
公園に着いて撮った最初の一枚がこれ↓


      




私を強く途中下車させたのはこれだったと知る
今にも日が沈もうとするところにボートが浮かび上がる
池面は桜の花びらで彩られ
ものの5分もしないうちに太陽は沈んでしまった
ボートもいつしか池には一舟もいなくなっていた




      




何と素敵な世界だろう
公園は通る場所もないくらいシートであふれ、人々がお花見を始めていた
そんな喧噪とはかけ離れた池面の最後の桜の舞台は太陽のライトから
やがて人工的な明かりへと変わって行く





      




こんな瞬間に出会えたことを夫も良かったと言ってる 
「ほらね! りんきおうへんって必要よ」私は夫の弱いところを突く(イヒヒ)

途中で各駅電車に乗り換えようかと少し迷ったが、そのまま急行で吉祥寺駅から歩いた方が公園には早くたどり着けたと思う
井の頭公園駅にこだわらず、それもよかった
もう少し遅れたらこの日のお日様には出会えなかったんだから

電車の神様〜 さくらの女神さま〜 池の弁天様〜
ありがとう〜〜




      




公園内のカフェで(空席は絶対ムリだと思っていたけど)まったり、お酒の神様に乾杯した
夜桜まで楽しめた遠足でした…




続きを読む >>
  • 0
    • -
    • -
    • -

    来たと思ったら...待ってはくれない

    • 2014.03.30 Sunday
    • 09:56
     


    しとしと…雨降りの日曜日です
    東京でもソメイヨシノが開花しました


    昨日はこんなにいいお天気だったのに…



          
                                  <待機中...働く背中>
                                日暮里、谷中をまわってくれるらしい
                                

       ↑道の向こうに「花家」さんって看板が見える?
       この辺りは私の第?の故郷でもあるのですが、懐かしいお店です
       ラーメンもあればあんみつやお団子などもある
       ん〜言ってみれば昔のファミレスね(笑)





          


                              わ、谷中で遭遇
                              あのお兄さんかなぁ..人力車




     そしてここも...

          
                               <満席中...満開まであと少し>



    びっくりするほど桜は花開いていました、上野公園
    人も多くて思うように歩けません




         私のさくらの追っかけ、今年も始まりました〜!
         
         






    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    naoko55本箱

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM