晴れどきどき雪

  • 2008.04.03 Thursday
  • 18:46


   




   お天気なのに時々雪が舞う
     花びらの春の雪
     思わず空を見上げます   
     さくら舞う  どきどき・・・
        

       いつの間に?
       とけない雪の一枚が 
       帰宅後 バッグの中から現れました...

      

          

        




           数えられない・はっきり覚えていないくらい何度も転々と移動してきたため
           一番の故郷はどこなのか・・・
           寂しいことに真っ先に浮かんでくる地が 私にはありません

           ここも数並ぶ故郷のうちの一つ
           谷中墓地周辺
           歩いてここにこれた距離にいた その頃のお花見はここ
           ここも有名な墓場です
            いえ、ここも美しい穴場です



            





時々雪が降ります
     春雪じゃ、濡れて行こう!?










鬱金(うこん)桜を見つけました
 (以前、okumanさんから教わった...)
  









まだ蕾
  咲けば鬱金色の花
  別名黄桜、黄金桜、浅黄桜とも
  淡黄緑色で終わり頃になると淡桃色に花の色が変わる八重の桜
  
  ソメイヨシノは鬱金桜に比べ若い桜の品種です
  (ソメイヨシノ:東京の染井村(現豊島区駒込の一部)から広まった吉野桜
    オオシマザクラとエドヒガンの自然交配種
    明治の初期にはまだ珍しかったという)

  鬱金桜は江戸時代の歌にも歌われている桜であり、



      










 広重の五重塔と共に描かれているのもこの桜だそう
  今、塔は跡が残るだけですが・・・ ↓













  日暮里駅南口を出るとお寺が点在します











    


   あちこちで枝垂れ桜が満開です


             このさくら並木の ブログ街道
                    どこまで続くのでしょうか...

            





コメント
谷中は良く歩きました。
お寺のある古い街、大好きです。
お墓にはどうして桜が多いのでしょうね。
多摩霊園、津田山墓地、谷中霊園、染井霊園、みな桜が綺麗ですね。
谷中の五重塔は幸田露伴の小説のモデルですね。
民間の霊園でしたら、五重塔は復活してたかもね。

あわれ、花びらながれ、当分続きそうですね。
近頃はやりの樹木葬も、桜の木を植える方が多いそうですね。
西行法師の歌も”花の下にて春・・・”ですから。
散りゆく桜を、もののあわれと感じる日本人の感性にぴったりなのかな・・・・
枝垂れ桜もいいなあ。

仙台市の周りの桜もチェックし始めました。
仙台市から電車で南に30分のところに、
大河原という街があって、そこを流れる白石川沿いの、
”一目千本桜”というのが見事だそうです。
山形方面の作並温泉もいいらしい。
もう行く気になってます・・・・
  • tomato
  • 2008/04/03 9:45 PM
naokoさん、こんばんは。

まさに降る雪のような花びら・・・美しい光景ですね。
うっとりしてしまいました。

ここのところの強風で桜も吹雪でしょうか。
今週末はもう終わりかな。
谷中の桜並木、美しいですね。

私も桜並木を続けたいのに、続かない。眠い(笑)。
桜の花がメモリーの中で埋もれています。
時代遅れにならないうちに・・・なんとか表に出さなくちゃ。

鬱金桜、初めて知りました。
です。
  • こころ
  • 2008/04/03 10:25 PM
ついに、と言えばいいのか?
やっぱり、なのか?
ここに来てしまいましたネ

さくらの古木が、一番美しいときです。

否、勝手に古木だなんて失礼かも知れません。
幹が太く貫禄があり 枝振りも良い、
その存在感に圧倒されて 古木と感じてしまっただけかも知れない。
さくらの木の樹命?からするとまだ 壮年期なのかも知れません。

この並木の端っこは「上野桜木」という地名です。
林家三平が住んでいました。

関係ないか>「だうも すいません」(^^;)^


あだっちゃん、そうですね、お墓に桜って。
大都会の中の青山墓地の桜も素敵です。
なぜでしょうね、
それだけ私たちの愛する木であることは確かですね。
季節感も見事に演出してくれますしね。
お墓で眠る人々もこの季節をきっと楽しんでいることでしょう。

五重塔、小説のモデルでしたね。
続くのでしょうか、桜道。東京のソメイヨシノはもう・・・
北へ追いかけるしか?(笑)
  • naoko/あだっちゃんへ
  • 2008/04/03 11:58 PM
いいな〜 これから桜の季節を迎えるtomatoさん。
こちら東京はすでに散りゆく桜
この光景には特別な感情が湧いてきますね。
お墓だと余計です。

まあ!情報が日に日に進んでいますね。
それに山形にまで広がってるし!!(笑)
「一目千本桜」名前からしてワクワク。
白石は(川ではなかった、、)芭蕉の奥の細道に登場していたと思うのですが・・・
予告編に?(笑)いよいよ楽しみです、北国の春〜〜。
  • naoko/tomatoさんへ
  • 2008/04/04 12:08 AM
こころさん、こんばんは。

雪より綺麗!
今週末が見納めかもしれません。
こころさんは再び桜に会えますね♪
そちらからのお便りも楽しみにしてます。

そうなんですよ、桜の一日の変化は大きいですものね。
メモリーから呼び起こしてくださいね、
古いヤツでも・・・構いません。
桜さん、お待ちしてまーす。

>鬱金桜
桜にも長い目で見れば流行があるんだなーと思います。
今、少しずつピンク色が好まれつつあるんじゃないかなって。
  • naoko/こころさんへ
  • 2008/04/04 12:18 AM
ここに出没しなくちゃね!(笑)
外せない桜です。

さくらの古木
幹も枝も、その枝ぶりも見事です。
どれ一つとして同じ形もなく
踊るように、誇るように、喜ぶように・・・
それぞれの表情がありますね。
(かなり桜オタクの域?)
ソメイヨシノはそう長くは生きられないみたいです。

三平さんか〜
桜木、この地名もいいですね。
横浜にも桜木町、、あらら、これまた関係なくなりましたぁ。
  • naoko/TOMMYさんへ
  • 2008/04/04 12:26 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM