二つの庭の・・・  〜龍安寺〜

  • 2007.12.06 Thursday
  • 17:56




山門からこぼれる紅葉

仁和寺から徒歩10分もかからないくらい、
皆が一度は訪れているであろうほど名高い「龍安寺」に
着きました。


  想像以上の紅葉が出迎えてくれる。










庫裡
  石段を彩る
  木組みと白壁に添えられる 紅葉





龍安寺と言えば枯山水の石庭で有名
  教科書にも載っていたと思う。たぶん世界的に著名な・・・






     






15ある石、必ず1個は見えない、その意味するものとか・・・「虎の子渡し」とか・・・

  中学の修学旅行で初めて来た
  禅の教えを説くものとか 教訓めいたことばかり言われるこの石庭は
  距離を感じる何だか遠い存在

  解釈されるとひねくれる 
  だって凡人だもんねぇー
  何となくぼ〜っと眺める 何か感じる いや 落ち着く・・・
  それだけでいいじゃない
  と どこかで反抗していたところもあって
  素直に向かえない石庭でした

   今も、ちょっぴりそんなところが残ります。
   けれど、今回は紅葉の旅ですからねっ。借景を飾る赤は、この庭に合わせられている、シックで素敵です。
   白砂にもみじ、目に映る絵として・・・上品で美しい。

  


そして、枯山水ばかりではなく、忘れてならないのは池泉回遊式庭園。
「鏡容池」を見事に彩る紅葉でした。
小さな石庭に比べ開放的いっぱい、池に写るダイナミックな赤を歩きながら・・・
角度を変え、写る景色を変えながら楽しむことができます。











     








 あら、こんなところにも・・・
   それを撮る私。

 世界からのお客様が
 ここにはかなりいらっしゃいます。










  方丈で・・・

















小さくて画像からはわかりにくいですが...知足のつくばい
  銭形のつくばいは、中心の「口」を共用して「吾唯足知」(われただたるをしる)となるもの。



           



           石庭を囲む築地塀の後ろ側



   お寺はこちらが最後となりました。
   旅の最後を飾るに相応しいスケールの大きな赤
   水に映る紅葉は 辺りを2倍以上に燃やしてくれます。



      新幹線に乗る前に必ず
      もう一つ、いや二ヶ所、立ち寄りたいところが京都にあります。
         龍安寺前から市バスに乗ります...










 宝徳2年(1450年)細川勝元が創建した禅寺、臨済宗妙心寺派。

  鉛筆龍安寺  京都市右京区龍安寺御陵下町13
 





コメント
龍安寺の紅葉は素晴らしいですね。
今年は11月13日に孫の出産があって、妻と何処へも行けませんでした。
今度は奈良の紅葉を見に行って下さい。
奈良の素朴なお寺と紅葉がマッチしています。
龍安寺の鏡容池がこんなふうに秋は変身することに驚きました。
そうでしたね、でも嬉しい出来事ですからねぇ。
来年はお出かけできますね♪
奈良もいいでしょうね、
てくてく歩くには大変そうだけど、
京都の華やかさとは違った味がありそうです。
  • naoko/あだっちゃんへ
  • 2007/12/06 10:35 PM
吾唯足知・・・・
あるがままの自分を知り欲張らずに生きる。
いいですねえ。禅宗の教えですかね。
龍安寺の石庭を眺めながら、「吾唯足知」と思う・・・・
何と贅沢なひとときでしょう。
最近、NHKで禅を学ぶ外国人修行者の特集やってました。
とりわけ外国人観光客が多いのは、
単に石庭が有名なだけではないんでしょうねえ。

はあ〜。長旅お疲れ様でした。
懐かしの京都に自分までもが帰ることができたような
気分になりました。ありがとうございます。
さてさて、寄りたいところは、
美味しいものがいただけるところでしょうか(笑)
tomatoさん、一緒に歩いていただきありがとうございます♪
ブログ旅の方が長くて辛いっ(笑)、
けれど、行っただけで終わってしまわない感動、
じんわりと温めています。

吾唯足知・・・・
まるで暗号のように示されているところも興味深いですね。
短い言葉だけにイマジネーションが膨らみます。
足る 重なれば 美味しいたるたる・・・ホルモン
        あれ?tarutaruさんは何処??(笑)
足るを知る・・・って足らない自分を知ることなんでしょうし。
それに知ると言っても深い認識なのでしょうね。
唯、とこれまた付くってことは・・巡り巡ってここに至るという過程まで示していそうですし。
と、暗号みたいな読めない部分を読む面白さも。
禅の教えはわかりませんが。。

はあ〜次の地、読まれている!
それで いーのだぁ...tomatoさん次のお店で待っていてくださーい。(笑)
  • naoko/tomatoさんへ
  • 2007/12/07 8:36 AM
京都の紅葉、これだけ沢山見せてもらうと 自分でも行ったように錯覚してしまいます。
きれいなだけでなく、千差万別ですね。
この石庭どこかで見たと思ったら、私も遠い昔に撮影していました。
色はありませんが・・・
http://www.edokko.sytes.net/~edokko/photo/gallery/tommy/kyo/pages/kyo23_jpg.htm
タグは無理かな?
下はお試しです。
<a href="http://edokko.sytes.net/~edokko/photo/gallery/tommy/kyo/pages/kyo23_jpg.htm">色のない庭</a>
  • TOMMY
  • 2007/12/07 10:22 AM
ここはよく覚えています。
来年行くコースにも加えたい、やっぱりな場所です。

  • kiko
  • 2007/12/07 12:20 PM
TOMMYさん、贈り物ありがとう!
懐かしいです、これは私が初めて龍安寺に行った時のあの日。
私の足が写ってましたぁ。(ウソウソ)
色ない。(笑)

そうなんです、どこを訪れても外れなしです。
それぞれにそれぞれの紅葉があるから。
本当に、写真以上に素敵でした。
  • naoko/TOMMYさんへ
  • 2007/12/07 6:25 PM
ここは皆が行く定番中の定番、王道ですよね。
是非、加えてください。
何度行っても厭きない龍安寺であり、
京都です〜♪
  • naoko/kikoさんへ
  • 2007/12/07 6:29 PM
再びTOMMYさんへ、
よく見たら高校の修学旅行ですよね。
あ、それでも写っているかも。(笑)
  • naoko/TOMMYさんへ
  • 2007/12/07 6:45 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM