リゾートしらかみで行く旅

  • 2014.07.29 Tuesday
  • 23:32
 
日本海から陽が昇る、7月21日
黄金崎(青森県深浦町)は不老不死温泉の朝だ


さて〜海岸の露天風呂に行こう
今なら誰もいないかもしれない
なにしろ有名すぎて、日帰り温泉もやっているしで
前日の昼間はすごい人だった、宿泊者の特権はこの朝一のお風呂に入れることだ


  この海辺の露天は夜は使えない、使えるのはお日様の時間と一緒
  おおよそ日の出から日の入りまでと…
  

      




海と繋がる温泉を独り占めできた、この上ない開放感
これ以上の幸せってあるかな(笑)海に抱かれているよう


ここはずっと以前から気になっていた温泉だった
色も鉄色に近いなら匂いも鉄の匂いがぷ〜んとする
そこに海の風が潮の香りと波音を運んでくる





      



気持ちのよい朝だ
前を船が行くね〜
漁師さんたちって朝早いのね(この時5時ちょっと過ぎ)
きっと向こうから丸見えだろうな〜
ま、いいか、こんなに気持ちよいのだから
全然気にならなくなっていくから不思議と言えば不思議だ
そして、なるほど、、死なない気さえしてきた(笑)



      


         ↑露天風呂はこんなふうになっている




前日はこのお風呂の方に陽が沈んだ、太陽も海に黄金の路を創る
どこまでも黄金、だから黄金崎と言うの?名前そのままの風景を見ることができた



      




世界遺産(しかも日本初の自然遺産)の白神山地に行きたかった、森を歩いてみたかった
不老不死温泉に浸かってみたかった
リゾートしらかみに乗ってみたかった…


これらを満たすには3日間では短すぎたけど、こんな充実した旅もなかったような気がする
すべてはこのリゾートしらかみが、この旅の鍵を握っていた


          
            リゾートしらかみ「青池」
                他に「くまげら」「ぶな」の車輛がある
   

秋田まで新幹線、その後はリゾートしらかみで北上していく

一泊目は秋田、あきた白神の八森いさりび温泉
二日目列車で途中下車、十二湖周辺を歩く、次のしらかみに乗る
二日目の宿が 前述のとおり不老不死温泉
三日目は新青森までひたすら北上、五能線は川部を結ぶ線だけど、このリゾートしらかみはさらに弘前へと周り、また少し戻る形で新青森、青森へと走る
新青森駅で下車、新幹線で東京へ…という行程だった


リゾートしらかみ(決してJR東日本の回し者ではないけど)は旅の醍醐味を教えてくれたと思う
なるべく早く目的地に着いてそこで遊ぶ、それだけが旅ではなかった
たどり着くその過程こそが旅ではないか、その過程の中で何ができるか…
それが贅沢で楽しいことだと教えてくれた








様々な工夫があって乗客を飽きさせないこの列車は素敵だった
何より運転席の後ろには大きくスペースがとられていて、自由に座れる椅子まである

眺めのよい風景には徐行してくれる

      
                  例によって運転手さんの後ろでかぶりつくw


秋田から能代を越え八森あたりを過ぎると間の前に白神山地が見えてくる
海岸すれすれを走る箇所もある
トンネルでは明かりの演出があったりする
暗くなった車内の天井にお星様が映し出される、ねぶたの提灯が灯る…


      






      



海岸線から離れリンゴ畑に差し掛かると、津軽三味線の生演奏が車内で披露される
ぺぺんぺんぺん! 力強い津軽三味線の音が車窓の風景をとても鮮やかなものにしてくれた
岩木山も列車と共に走る…



         ...............          ..............     .....................


十二湖駅途中下車、白神山地西麓のブナの森に点在する十二湖
実際には33湖もあるという
十二湖駅からバスを使わなくてはならない
次のリゾートしらかみまで 2時間半、、バスの時間を考慮して正味歩ける時間は1時間半強だった
中でも有名なのがこの青池、小さな小さな池だった



      
                                                    神秘の青
                   外のものを映し出すばかりでなく底までも見える


ここは鶏頭場の池↓

      


      
…と、2時間と書かれていたコースを、日本キャニオン展望所まで歩くことができた
ほぼ周辺をぐるりと廻れた、ブナの森の空気に癒されながら…
途中から歩いている人は誰もいなくなってしまった



    この日、宿に到着後、青森県一の滝「くろくまの滝」
    ブナの古木「マザーツリー」にも行けた…
    



そうそう、今回の旅行は梅雨のまっただ中で予報では2日間傘マークがあった
晴れるのは最後の日だけ?^^;しかも局地的な大雨って、、
歩けないかも、、それを承知で雨具持参で出かける
ま、温泉があるから雨でも仕方ない…










夫・嵐男と私・晴れ女との対決と覚悟しで出かけたというのに終わってみればなんてことない!
勝負になどならなかったではないか(笑)雨具は使わずお荷物になった
初日に列車で雷&雨に遭遇するも雨雲を抜けていた
こんな虹が日本海にかかるのを見ることができたのだからね^^v





    そこで覚え書きと!
    ・リゾートしらかみは 海側はA席、A,Bを取ること

    ・4人いたらボックス席がいい!
     ボックス席は海側にだけ並ぶ、反対側は通路で広々

    ・普通席もボックス席も指定席料金は一緒

     普通席なら1号車がよい
     運転席に近い(笑)
     イベント(津軽三味線の演奏など)も1号車だった(ブナの場合)

    ・登山をするならこの日程では無理だった
     飛行機で大館能代空港を利用、レンタカーを使うなら可能か
  
     次回はゆっくり歩いてみたい
     










 
コメント
naokoさん、暑いですね〜冷凍庫のアイスがどんどん無くなっていく・・・
白神山地ハイク、もろ自然なのがとってもいい感じで、行きたくなります
で、ちょっとだけ鉄子さんなんですね^^
黄金崎温泉は写真とかTVでみると泥水の様な茶色ですが、入った感じどうなんでしょう?

まだまだ暑い日が続きますが、世間はまもなく夏休みという事で、晴れ女さん、がんばってください!
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★


確かに時間帯によってはちょっと入るのに勇気のあるシチュエーションですね。
人が多い方が良いのか? 少ない方が良いのかは…判断に悩みますが(笑)

なんでも水着を着用しないような…つまり正統な温泉で、混浴の場合「戸惑う」はなんと男の人らしいです。
大手旅行会社のベテラン社員さんが、テレビで言っていましたから…きっとそれは本当なのでしょうね。
事実こんなに美しい景色の中にある素敵な温泉ですが、混浴だとしたら…やっぱりちょっと(^∇^)アハハハハ!

仮に男女別だとしても、ここまで開けっぴろげだと…入っていて不安になりませんでしたか?
温泉慣れしているnaokoさんにとっては何でも無いことなんでしょうけど、やはりなんだかその辺の肝の座り方が
中途半端なボクです(苦笑)

以前naokoさんが仰っていた通り、年齢やその時の家族構成で旅の形は変わる…って言うのが今良く分かります。
時間を上手く作れないこともありますが、どうしても移動の手段も「最短時間」を基本に考えてしまって
移動そのものに味わいを…と言う意識が低過ぎる気がして、ちょっと反省気味です。
尤も…分かっていながらもなかなかまだ出来ないですけど。

いつかもう少しだけ時間が上手く差配出来る時期が来たら、naokoさんが毎週訪れているような土地にお邪魔して
自分の旅のスタイルを見つけたいなぁと思います(^_-)ウン


びいさん、おはようございます^^
昨日までちょっぴり湿度が低めでHawaiiのようだったのにw 今日は暑くなりそうです。
アイス、仕入れなくちゃ〜w

白神山地はとてつもなく大きく、今回その触りにしか触れることができませんでした。
ちょっと人を寄せ付けないものがあります、神が宿っているのかしら^m^
白い神様。
今度はゆっくり森を歩いてみたいな。
ブナの林は命に溢れていた気がします。

温泉はドロドロ〜と濃厚なものでした。
でもまとわりつく感じではないです。
しょっぱい、海水のように。でも鉄湯。他にはない湯です〜
何よりこの絶景ですもの。

頑張ります〜!オトナの夏休み本番に向けて^^v
  • naoko/びいさんへ
  • 2014/07/31 7:45 AM
なぜか3度目!(笑)トホホです〜
こんばんは〜nachopapaさん。

まず、人は少ない方がいいに決まっています〜(笑)
ここの昼間はきっとイモ洗い的なことになっていたと思います。
そうなると隣の人との距離の置き方、とても気を遣う。
それより独り占めして、手も足も思い切り伸ばしてもまだまだ余って
前を見れば地球がなんだかま〜るく見える、
海は広いな〜と湯に浸かる、こんな素敵な湯は滅多にありません。
作られていない感じが、ここは心地よいです。
海と繋がる温泉でした。

そうそう、一応混浴になっていたのですが、隣にはちゃんと女性専用があるのです、
私はここにいましたw
女性で混浴に行く人も滅多にないと思いますので、実質男性専用になってましたよ〜
ご安心ください。

この湯に浸かったら、余りの気持ちよさにきっとそんな不安は一遍に吹き飛ぶはずです^m^

旅のスタイルはいろいろですね…
このところ夫婦二人になってしまったので、遠出は新幹線あるいは飛行機で行く
車だと(特に3連休となると)渋滞も必至ですから、、
楽に遠くに行けて時間も計れるのでそんな旅行が多くなっていたところでした。
ところが今回は列車を軸に何ができるか、どこへ行けるかを組み立てていく、そんな楽しさを行く前から味わいました。
それでこのリゾートしらかみでしたから、、こんなふうに旅の過程を楽しむ、
というか過程こそが旅では?とさえ思えてくるほどでした。
旅のまた一つのスタイルが叶った感じです、きっと無限に広がるスタイル、
だから楽しいのですね。

p.s.一度目のリコメントが一番面白かったと思う(笑)
  • naoko/nachopapaさんへ
  • 2014/07/31 7:19 PM
気持ちのいい景色が続きますね〜
白神山地行きたくなりました。
私はツアーかもしれません。。
鶏頭場の池の写真が幻想的、素敵です♪
  • kiko
  • 2014/08/01 9:07 AM
(^∇^)アハハハハ!
p.s.一度目のリコメントが一番面白かったと思う(笑)
この気持ち…良く分かります。
そうなんですよね。なぜか“決まった”と思った文章が二度目、三度目は浮かばなくなるのですよね(^∇^)アハハハハ!
  • nachopapa
  • 2014/08/01 11:38 AM
kikoさん、こんばんは〜^^
行きたくなるでしょ^m^素敵なところでした。
まだまだ触りだけと言う感じでしたので、
今度はゆっくり白神山地のもっと中を歩いて、登って…してみたいです。
ツアーは基本、私は参加したくないのです(笑)
みんなと一緒に行動できるかちょっと不安(笑)勝手なこと、したくなるのですw
そうそう、クラブツーリズムとか最近あちこちで見かけるようになりましたね。

素敵な池が点在するんですよ〜♪
  • naoko/kikoさんへ
  • 2014/08/01 8:04 PM
nachopapaさん、ホントにアハハです。
だんだんつまらなくなっていくの(笑)
一つだけ思い出したフレーズがありました。
「温泉に水着で入ったら、それはSpaになってしまいますw」と、
思い出したので追加です(笑)
  • naoko/nachopapaさんへ
  • 2014/08/01 8:07 PM
旅はのんびり行こうよ
ということでのんびり遅れてやってきました(笑)
不老ふ死温泉、懐かしいなあ
私はその混浴の方で朝な夕なボケボケしていましたので
囲いのなかの女性専用からの眺めは経験せずじまい(当たり前か)
やはり海に向う角度が違うのがよく分かります。
この時期は日中は虫とかが寄ってきがちなんで
超朝風呂は正解正解
あっ、私は虫ではありません。トマトなもんで(笑)

リゾート白神、いいですねえ
私も本格的に白神山地を歩いてみたいです、はい・・・・
  • tomato
  • 2014/08/04 5:35 PM
リゾートしらかみ「くまげら」そろそろ駅を出ます〜w
おはようございます、tomatoさん。
混浴の方、のぞいてはみました〜w 
鉄分たっぷりでしたね、ここの湯。
tomatoさんの季節はいつだったのでしょうか…

リゾートしらかみ、わくわくする列車でした。
海岸線を走るって気持ちいいですね。
飽きない車窓です。
白神山地は大きくて深くて…
人をそう簡単には寄せ付けない、そんな雰囲気が漂います。
だからこんなにブナの林も残っているのでしょうが。
今日もリゾートしらかみ、歓声を乗せて走ります〜♪

しかし、暑いですね東京…
あの森が恋しい。

  • naoko/tomatoさんへ
  • 2014/08/05 8:56 AM
コメントする








    

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM