地球の鼓動・地獄の息吹

  • 2013.07.31 Wednesday
  • 22:54




そうそう、ここまで来たのでしたね
阿蘇の火口
…というわけで(笑)どうにか旅が続いています^^;




ここから見る風景はちょっとマウイ島を思わせる 
「日本じゃないみたい」と何度思ったことだろう
スケールの大きさはこの噴火口と巨大カルデラから来るのだろうか…



      






    空を歩いて行こう♪
    こんなに晴れていた、あの日も…
    7月13日のことです

      




    大きな地球の、人は蟻んこにも満たないね
    ぞろぞろ…


      






どんな口が待っているのでしょう
匂いだけは、その気配を感じています^m^








世界最大級の火口が牙を剥き出して、煙を吐き続けていた
吠えていた
地球の鼓動が聞こえてくるようだった
規則正しいものではない、それがかえって生きている地球を教えてくれるようだった




      

      


    モクモクは止まらない
    風との絡みで時折その姿を現す


 







すごかった、ここは日本なのだろうか…
ここは宇宙の星だなぁ〜と思う(笑)




……この後、地獄へと進む


地球の息吹は温泉でも知る
南阿蘇 地獄温泉清風荘が待っている
ここまでの道は山道をくねくね……地獄はそう容易くは行けないものらしい(笑)





          

               200年の歴史を重ねてきた地獄温泉、清風荘
    

以前から浸かってみたい温泉のひとつだった
底からぶくぶくと湧く、まさに地獄のような「すずめの湯」があるという






          




    源泉も異なれば泉質も少しずつ違う
    5つの湯
    それらを巡って歩く地獄の楽しさがあった

    今もなお湯治場のスタイルを残している
    長い間、滞在しているのだろうか…
    干された洗濯ものから生活の匂いがする、風に揺れていた




      ↓女性専用の露天風呂は一段高いところに位置していた「仇討ちの湯」


          




      ↓ ここは1番遠かった新湯

      







      夕食は地獄鍋を選んだ
        (何種かあり、前もって選択)


          



     お食事処「曲水庵」で…
       建物も長い時間を生きてきた木材が使われた
       趣きがありながら、炉端のある楽しい造り



      


   上では鍋がぐつぐつ…
   下からは炭火がかっかっ…
    まさに地獄の呈(行ったことないけどw)



  楽しい食事だった
  食材が水の流れに乗ってどんぶらこ、どんぶらこと
  やってくるところから始まったのだから
  鴨や鹿肉をじゅ〜じゅ〜言わせて、
  ふぅぅ〜〜はふはふぅ〜〜言って、
  あちっあち〜っ とね…




夜の帳がおりて
本来は混浴ですが、夜に女性専用時間がもうけられている「すずめの湯」へ


          



    この階段を下りていくとこんな感じで↓
     
    ただの田舎でも ただの地獄でもなかった
    極楽極楽……と思いながら浸かるフレッシュな湯は細かな泥に近い
    白濁の硫黄泉は
    8つの湯に分かれている
     
     PH 1.74 それぞれ温度が異なりぬるめまで並ぶ
     最も熱い湯には足しか入れられなかった
     
               


          

          

                こんなイメージ、宿にあったポスターをパシャリ↑



   ここで浸かった湯の匂いは帰ってきてもしばらく抜けなかった
   タオルやその時の衣服に染み付いたものらしい
   長いこと地獄帰りの余韻を密かに楽しんでいた(って、変態っぽいw)



          






    案外、地獄と極楽は紙一重かもしれません(笑)

    
           さて、翌7月14日、次の地へ!


           つづく? たぶんね(笑)…







   あ、忘れ物しました^^;
   旅のお供に!(笑)

   ANAの機内誌「翼の王国」に すずめの湯が載っているそうです

      




 






コメント
そうそう何でも紙一重の世界
めまぐるしくその境界を楽しんでいるのが
人間ってやつ(笑)・・・・
 
阿蘇は懐かしいなあ。
あっそ、なんて言ったりして(笑)
月並みですが草千里のどこまでも続く緑に
しばし呆然とした記憶が甦ります・・・・
 
地獄温泉は知らなんだ。
でも湯治には慣れたもんです。
私どものような一泊客とは
超越した世界に住んでおられる方々に会うにつけ
人生って何なんだろうと。
まさに紙一重の世界・・・・
 
やっぱり料理だよね
なんか閻魔様の前で食している気分?(笑)
地獄と天国
どちらが楽しそうかなあ・・・
  • tomato
  • 2013/08/01 5:37 AM
火山の感じはちょっと怖いですが、ふぅ〜、こんな地獄ならおちてみたい・・・
泥の湯ってお肌にいいとか聞きますがどうなんでしょう、当然naokoさんはもっちもちですよね^^
九州はまだ行ったことが無いし、やまなみハイウェイは気持ちいい(もちろん自転車^^;)と聞きますのでぜひ訪れてみたいなぁ、湯布院も近いんですよねー

来週は夏休みなので、ずっとあこがれていた夏休みを過ごしてきま〜す!
  • びい
  • 2013/08/01 7:59 AM
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
なんだか温泉の匂いを家で嗅ぐと…一瞬にして温泉地に思いが飛びますよね。
おはようございます。

写真で拝見すると広大な景観である事がよく分かるのですが、実際にこの地に立ったら
やっぱり足がすくむような感覚になるのでしょうね。高所恐怖症のボクにはなかなか難しいかも(^o^)アハハ

でもこの船に乗った料理…上手く取れないと、流されて言ってしまうのか…ちょっとドキドキなんですけど。
油断をしたらひっくり返してしまうと言う事もある訳で…なかなかスリリングな配膳なのかと。
ところでこれだと、オーダーした物を誰かに先に取られてしまうと言う事は無いのですか?
猛烈に気になります。
何事も隣り合わせと、ここ地獄でも確信いたしました(笑)
こんばんは〜tomatoさん。

あっそ〜〜! 記憶が千里を走るでしょうね〜w

地獄温泉は結構メディアでもとりあげられています。
酸性度強いでしょ、かの、ダントツNo.1の玉川温泉の次かも。
(私が行った中では間違いなく二番目です。草津以上)
玉川も湯治温泉、
体に効くと言われる温泉は強烈な個性をも放っていますね。
玉川は体に痛いくらいでしたが、地獄はもっと優しかった(笑)

そうそう、閻魔様が真っ赤な顔して睨みを効かせてた(うそうそw)
とても和やかな地獄のお料理でした。
ここで、本格フレンチがいただけるというのもちょっと意外でしょ、
まさに食も天国〜^m^
社長さんはフレンチのシェフなのです。
地獄でフレンチ、なかなか乙ですね、次はフレンチ行ってみよ〜w
  • naoko/tomatoさんへ
  • 2013/08/01 6:50 PM
びいさん、こんばんは〜
いや〜雄大そのものでした、火山はハレアカラを思い出しましたw
私も無事に帰れたので地獄の味をしめました(笑)
何と言っても温泉が特徴、また伺いたいくらいです。
そうそう、肌にまとわりつく感じね、
パック効果があるかもしれませんね。
あ、それはたぶん個人差があるものかと(笑)思いますが
つるつる〜になりました。

やまなみハイウェイはホントに気持ちがいいです♪
みどりのスケールが何とも言えません。
是非、風を切って走ってください。
湯布院も黒川もいい温泉が九州にもありますね、遠いけど^^;

お〜どちらにお出かけなのでしょう。
素敵な夏休みをお過ごしください、お土産話を楽しみにしてます(笑)
  • naoko/びいさんへ
  • 2013/08/01 6:54 PM
そうそう、匂いが何とも言えず、、
しばらく余韻に浸っていました。
こんばんは〜nachopapaさん。

私は足がすくむ感じってよくわからないのです(笑)
だからいい眺めでしかないのですが、
nachopapaさんの反応を是非、こっそり拝見したいものです(笑)

お料理の水の流れはとても緩やかなものです、あはは^m^
もしかして、回転寿司をイメージしていますね??
係の方が声をかけてくださったり…
誰かの手に渡るという心配はなさそうです。
朝もここを生卵と納豆が流れてきました〜
卵は自分で目玉焼きを作る、これも楽しかったですよ。
ま、演出と言ってしまえばそれまでですが、
日常とは異なる楽しさとかワクワク感もお宿では大切な要素ですよね。
  • naoko/nachopapaさんへ
  • 2013/08/01 7:01 PM
以前、こちらで拝見した阿蘇のブログ。
その後、どーしても行きたくなって訪れたのは数年前の話ですが、その時私はすっかり阿蘇の雄大な山々に惚れてしまいました。
あんなに沖縄大好きな私が、コロリと参ってしまった地『阿蘇』
あ〜〜っ!!naokoさんずるい!!また行ったんですかぁ??(笑

富士山から帰って間もないですが、ホント今日ちょうど「阿蘇行きたーい」って言っていたところです^^

  • しぃ
  • 2013/08/02 12:14 AM
しぃさん、おはようございます^^
また行っちゃいました〜^m^
あ、そ〜〜 しぃさんもね^^v
いいですよね、この雄大な開放感は他には無いと思う。
阿蘇こそ世界(自然)遺産と思う私です。
早速、富士山に行かれてましたね、しぃさん。

タイミングばっちりでしたね!
阿蘇、また行ってらっしゃ〜い^m^
変わらない姿で大歓迎してくれると思います。
  • naoko/しぃさんへ
  • 2013/08/03 8:55 AM
コメントする








    

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM