ちょっと思い出して書きとめておきたいこと。

  • 2012.10.17 Wednesday
  • 22:16
 


かなり時間が経った今、
思い出してみても裏岩手山での7時間のトレッキングは暑さとの闘いだった…



…と、随分と日にちが遡ることになりますが、
書き留めておきたいことがありました。。


  いつぞやここにアップした、やっと駐車場に戻って来れた
  角が生えた私の、あの日のことです   → ここ☆



          




甘くみていた、ペットボトル一本だなんて、なんと無謀だったのだろう
宿を出て、登山口にたどり着いた時にはすでにお水は少し減っていた
なぜならそれほど暑い日だったということで…

でも、どこかに、たとえば山小屋や駐車場とかに自販機ぐらいあるだろう…
いや、正しくはそれすらも頭の中にこれっぽっちもなかった
当たり前のことのようにお水はどこかにあるものと、疑う余地すらも持ち合わせていなかったのだ

あぁなんと怖いことでしょう…




          
                        岩手山、富士山ばりにきれい…



さ〜歩けど歩けど、これがなかなか進んでいない^^;


一所懸命歩いているのに(笑)歩き始めて1.8kmとは@@
「三ツ石山荘まで、ここまできたのと同じくらい行くわけね…」



 山荘までまで行ってやっと全行程の4分の一とか、3分の一とかだ


      




しかし、暑い…
山荘まで行けば、お水があるかと思いきや蛇口すらもなかった(汗)






          




   太陽に近い
   容赦なく照りつける日差し
   30℃以上あったと思う
   風もほとんどなかった…
   晴れ女であることをこの日ばかりはちょっと嘆く

   この時、長袖を着てもちろん帽子もかぶって
   首には格好悪いけどタオルを巻いて歩いていた

   が、片方の肩、リュックの重みで肩が出ていたらしく
   その肌けたちょっとした隙間が狙われた(笑)
   未だに黒くへんなカタチをした日焼けが残る。。
 


      



      見よ、この太陽を〜
      写真は秋の気配で気持ち良さそうなのにね…
      
     


      





   三ツ石山に着きました〜!
   ここでお昼を食べ、余り休む間もなく出発

   まだまだ先は長い
   しかし、お水がぁ〜^^;



      
      


               岩手山とともに歩く、裏岩手グル〜ッと周回 
      



水〜水〜〜っ(笑)あ、笑い事じゃなく本当に困っています
熱中症も怖い

そんな時、足元に赤く輝く実を発見する
野生のココモモだった
小さな小さな赤い実が群れをなして地面にはびこっていた
不思議とその一角だけだったように思う

摘んで口に入れたみた
それは本当に小さく、直径が5ミリ程というレベル
水気という水気も怪しいものだったのに、乾いた口に入れると
水分たっぷりにさえ思えた
酸っぱい…







      





いい年した大人が二人、跪いて(ひざまずいて)コケモモを貪る様を想像してみよう〜
誰もいなくてよかった〜w

 「あ、ここにも、こっちにも〜」
 「うわぁ美味しいね〜」

どれくらいの時間、貪っていたのだろう
生き返るとはまさにこのことだった
あの時無心でコケモモを頬張った、その数100粒という単位…

元気になっていくのがよくわかった
一粒はこんなに小さいのに、、



本当は高山植物など採ってはいけないものですが、お許しください
コケモモは神様からの贈り物だったのだと思う
ありがとう、これで歩けます!





          

      



 コケモモパワーも心もとなくなって来た頃、
 何やら水の音が近づく


 ↑湧き水発見〜
 ここでいただいたお水の美味しかったこと
 これまで飲んだどのお水より美味しく
 息もつかずに500mlはゴクゴクといきました

 それでもまだ体は水を欲していた
 かなり枯れていたのね…

 「命の水だね」
  ペットボトルにも口一杯に水を入れる、これならあと2.6km歩けそう〜




      




こうしてコケモモと湧き水に救われたトレッキングでした


↑ご覧のように向こうに見える稜線をぐる〜〜っと、
ほとんど日を遮るものがない所を
出発点の松川温泉まで無事に戻ってきました

温泉が待っています!(笑)これがあるから歩けた
疲れが一気に溶けて行く心地よい瞬間が待っていました



自然の恵みにこころより感謝します…



  私の左肩の日焼け、いつ消えるのかな、、
  あの日のことを忘れちゃいけないよ、と言っているかのようです…













コメント
う〜、読んでて苦しい〜(笑)
水がないのは本当に辛いです。
よく分かるう・・・・

そこに登場したコケモモさん。
コケモモで良かったですね。
違う実で食べられないやつだって分かったら
一層のどが渇くし・・・・

湧き水を飲んだときは
からだに染み込んでいくのが
本当によく分かったことでしょう。
命の水とはよく言ったもんだ。
これからは気をつけましょうね(笑)・・・・

海の上で飲み水がないのも困ります。
なんせ周りは「水」だらけなのに
一滴も飲めないんだからね・・・・
  • tomato
  • 2012/10/18 5:38 AM
ひえ〜、こんなに歩いたんですか!!
温泉無かったらもう無理。絶対途中で息絶え絶えになっているはずです。
この日差しだけは味方だけど、お水は十分必要ですね。
日焼けは大丈夫。一番てっぺんなら袖なしになっちゃいそうです(^^)
  • lanihoni
  • 2012/10/18 8:11 PM
tomatoさん、こんばんは〜
ホントに苦しかったです(笑、あ、笑っていられない、、)
東京の低いところにいても普段から水を良く飲む私なのに^^;
枯れ涸れ?でした。

コケモモちゃんたち、輝いていましたよ〜
ありがたいことです^^
コケモモのジャムってありますけど、あれを作るにはたくさんのコケモモが必要なこともわかりました。
水分豊富な実ではないんです、、
ところがそんなときだから大きな粒に思えました〜
「貪る」って、あ〜いうことだと実感しました(笑)
美味しかったなぁ。

お水の力はすごいですね。
体にごくごく、ひたひたと流れていくのがよくわかりました〜(笑)
山を歩くとなると、荷物を少しでも減らしたいという意識が働いてしまうんです。
時間が経ってくるとカメラ(kiss)でさえ重たくなってきます。
カメラとペットボトル、同じくらいの重さですよね〜
ペットボトル優先でいかなくちゃ!
はぁい、気をつけます。

海の上もそうですね〜
水で囲まれながら飲めないのもね…
パスタ茹でるのは海水で良さそうだけどw

  • naoko/tomatoさんへ
  • 2012/10/18 9:31 PM
lanihoniさん、こんばんは〜
はぁ〜い、こんなに歩きました。
何かの罰ゲームに参加しちゃったのかと思いましたよ〜(笑)
お水、お水、温泉、温泉〜と言いながら歩きましたっ。

お水を侮ってはいけませんね。命の水です。
日焼け怖い〜 
余り焼けちゃうと温泉にも入れなくなっちゃうもん〜^^

 
  • naoko/lanihoniさんへ
  • 2012/10/18 9:33 PM
★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★
★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★

ご自分でもお書きになっていますから…敢えて突っ込みませんが、
やはり登山中の水分不足は危険ですよね。読んでいてハラハラしました(苦笑)

 tomatoさんもお書きになっていますが、これが食することの出来る実では
無かったら…と読みながらこちらも喉が渇くような焦りにも似た感情に
なりました(これは文章力があるって事だと思いますが(笑))。

 何はともあれ『肩に日焼けの跡が残る』ほどの日射しの中で、水分が無くて
倒れる…なんて洒落にならない話じゃ無くて良かったです。どうかお気を付け下さいませ。


しかししかし…ご夫婦揃ってしっかり山ボーイ、山ガール化していますね。tomatoさんは海にnaokoさんは山に…新しい楽しみを見つけているようです。
そうやって考えるとボクはどうなのだろうと。
近い内に僕も新しい自分の興味の対象を見つけたいと思います。

と、書きながら内心…どうしよう、街から出られない趣味だったらと苦笑いして
しまいました。




はぁ〜い!とても危険です(/_;)
こんばんは〜nachopapaさん。

コケモモ、一緒に貪りましょう!(笑)
文章力とは嬉しいです。
nachopapaさんの読解力とイマジネーションに救われている気がします〜
いずれにしても、こんな美味しい実が足元で輝いているなんて。。今、思い出しても、、美味しかったぁ〜

はい、以後気をつけています。
カメラなくともまずは水ですよ!!

nachopapaさんのお年頃はそれを見つけている時代かも、という気がしますよ〜
きっともう少し年がいくと、これだ!ってものに出会えます。
今はそれを探している年代かなぁ〜と、自分を振り返ってみてもそんなお年頃だった気がします。
だから焦ることもないし、きっとなにかに出会えると思う。

山ボーイになりますか?(笑)
大歓迎しま〜す。

お返事、遅くなりました〜(^_^;)ゴメンナサイ。
ちゃんとお水もって、旧碓氷峠見晴らし台へと登り、
真田の秘湯から無事に帰りました。
  • naoko/nachopapaさんへ
  • 2012/10/21 7:22 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM