恥ずかしがり屋のマウントクック

  • 2014.02.25 Tuesday
  • 22:19
 

随分と時間が経ってしまい、NZのあの日がどんどん遠くなります^^;



ハーミテージホテル周辺を歩き、ホテルに戻る
小雨にあったけど、まずまずのお天気では?
部屋の窓からの風景は刻々と変わる景色を映すスクリーン、壮大なスクリーンだった




      




      大きな自然と小さな人間を身をもって思う


      



   歩きながらどこからともなく聞こえてくる
   ゴ〜〜? ダダダ〜〜?
   こんな音を聞いたのは生まれて初めてでどんなふうに表していいのかわからない
   それは雪崩の音らしい
   真夏と言うのに雪が残る、氷河がある



   この地をつくってきた大きな時間と小さな人の時間を身をもって思う


      

                   青く見える正面の山斜面、あれが氷河
        


    一時間程だったか、歩いた先はKea point
          







          

                        ここにも氷河湖が見える




そうして帰ってきてのホテルからの写真が冒頭の一枚でした…

時間が経つにつれだんだんとお天気になってきたことがわかるでしょうか
翌日は氷河のフッカー湖まで一日トレッキング、なんとしても晴れてほしい!
いや、雨が降らなければいいか(笑)
なんせ年間4000ミリですからね…










続きを読む >>

羊の国はまたフルーツ天国だった

  • 2014.02.01 Saturday
  • 21:00
 


出会った頃の夫はケーキ(それもフルーツ系の)とオレンジジュースを平気で注文していた
え〜っ!
アリエナイ、アリエナイ^^;
コーヒーとかじゃなくて?
あたふたする私の前で実に美味しそうに食べていたっけ…



大の男がフルーツ、フルーツって、、スイーツ、スイーツってさ、、
今でこそ時代は少し変わったとは言え(笑)
驚きでしかなかった、衝撃というのか…


マウントクックへのこの寄り道はそんな夫を天国へと導いている(笑)
お店に入るとぷ〜〜んと、くらくらしそうになるくらい甘い匂いで満ちていた


ニュージーランドと言えばキーウィ!というくらい真っ先に浮かぶけど
これがキーウィが霞んでしまうほどのフルーツ天国だった
キーウィは旬ではなかったのだろうか、そう言えば見た記憶がない





      





私の中の季節感がおかしくなる程、多くの種類のフルーツが旬を迎えていた
チェリーもおいしい、佐藤錦によく似たものもあった
苺も!
葡萄も林檎も!
そして意外だったのはアンズ、これが美味しい


美味しいからと言ってあれもこれも買えないところが悲しいけど
旅行中のフルーツをここで買い込む
好きな種類を好きな量買える量り売りはつくづくありがたい
アンズは生とドライアンズを買う



      



次の寄り道でコーヒーブレイクした
Wrinkly Rams,羊の毛刈りショーやカフェ、お土産屋さんにもなっていた



          





      




     バスはひた走る、広い草原を…
     信号?ないない!


      





      






マウントクック、ハーミテージホテルに到着したのはお昼少し前だった…
ここを拠点に様々なアクティビティへと繰り出す人たちの山岳ホテル
ホテルの部屋の窓からはアオラキ・マウントクックが見えるはずw


アオラキ・マウントクックはNZ一の高さを誇る山だ、3754m
この山を中心に3000m級の19のピークと谷間を埋める数多くの氷河によって形成されるサザンアルプス



      





年平均降水量は4000ミリ、それがどんな数字であるのか思い知らされることになった
この到着した日も降ったかと思えば少し晴れ間もあったり…
気まぐれで恥ずかしがり屋さんのマウントクックはこの日、姿を現さない
ひと休みしたら、周辺を歩いてみよう!






そうそう、フルーツの話に戻そう(笑)
今日は井の頭公園を歩き、お昼はピッツァをいただき(お正月以来ずっと食べたかったものの一つw)、カフェでスイーツタイム…

夫はそのカフェから出ると
ショーケースに一つ、自分が頼んだものと同じ苺の乗ったケーキが一つ残っていたのだが、
その残っていたケーキの苺が自分が食べたものよりずっと大きかったと言うのだ
食べたケーキの苺は小さかった… と

はぁ〜?

もうすぐ60になろうという大の男が、苺が小さかったって??(笑)
人はそうそう変われないものらしい、というかますます進化していることに唖然とする

よし、明日は苺狩りに行こうじゃないの!
死ぬ程食べたら? イチゴ、苺!














たぶん羊狩りに行ったのだろう

  • 2014.01.23 Thursday
  • 22:09
 

ここは別の国なんだなぁ〜と実感する時、それは
オーダーした料理がなかなか出てこないこと、またその料理がものすごいボリュームであること
まさにここでそうだった

「たぶん羊狩りに行ったんだね〜」


周りを見ても皆さんオーダー待ち、オーダーが通っていないということではなさそう
これが日本だったら… 
まだ? と言って、作る前ならお店を出る人がいるかもしれない
それほど落ち着かない時間が流れた(笑)


       

                     時計の差す時間は8時
                         が、まだまだ夜は始まらない
                         先ほどまでこのテラス席にいました
                     
  


海外であることを意識すると同時に、それはせかせかしていつも時間に追われているような、間(ま)を楽しむことのへたな日本人を意識することでもあった



そうして狩りに行ったばかりの羊は若くて新鮮で(笑)ラムシャンク(骨付きすね肉の煮込み)はおおきかった〜 
すね二本がお皿にど〜んと!
もうしばらくラムは要らないw

ワインも思ってたより美味しい(笑)この近くのセントラル・オタゴ地方のピノ・ノワールはなかなか^^v




   この通りに面した二階のレストラン、テラス席にいました



        




 あ、エリック・クラプトンが聴こえてきた
 ん、ビミョーに音が外れてる^^;
 (内緒だけどw 右のお二人)
 すべてが大らかな時間、人たち…

 


さて、レストランに来る前にワカティプ湖をクルーズしました







続きを読む >>

NZどこからお話しましょう?

  • 2014.01.15 Wednesday
  • 22:11
 

あれは昨年の12月28日だった(笑)
成田から夕刻便にてクライストチャーチへと飛び立つ
どこの上空だったのだろう…
明るさを感じブラインドを上げてみると、あ〜夜明けがきたんだ〜と思う空
薄紫色に飛行機の外が染まってた、29日になったらしい


やがてニュージーランドが眼下に見えて来る
旅のはじめの興奮が迫る時!



      




クライストチャーチ空港着
乗り換えを待つ、私たちはクィーンズタウンに向かおうとしている
いや〜遠い^^;


これまで年末年始の休日は6日間だったので、めいっぱい使ってHawaiiのどこかの島に行くことが決まりつつあったけど…



      
                        空港が好き、人を見ているのが…


今年は9日間、一日余裕を持って帰国できる
ニュージーランドを選んだのは
Hawaiiより遠くへ行ける日程だったことと、かねてから気になっていた国だったこと

それは、この国の形や場所を知った時(小学生)に由来するのか…
海に囲まれ形がちょっと日本に似ているw そう思って親近感を覚えた
お隣のオーストラリアには行ったけど、もしかしたら行くことのない国かもとどこかで思っていた私もいた…
このところ山が好きになったことも、、今がその時!だったのね(笑)
季節が真逆であることや南半球という楽しみもあるはず



      
                         空港が好き、飛行機を見ているのが…



 約1時間のフライトでクィーンズタウンに到着する


      


これに乗った
プロペラのぶるぶるに旅ごころが揺すぶられていく…






続きを読む >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM