「夏の思い出」をたどる “瀬歩き

  • 2011.08.19 Friday
  • 23:39


行方をくらましていましたが8月16日、脱出から東京へ戻っています


約一週間涼しい風に吹かれ、秋の匂いを感じながら過ごしてきたので
帰宅後の東京の暑さ、こたえました
今日はまた雨の後涼しいくらいですが…





夏と言えば…
  絵日記にするなら表紙はこれかな、ひまわり!




                                      ひまわり、みんなこっち見てる
                                           



つづく日記は…
 夏休みの後半に訪れた尾瀬、あの歌の…






                        夏がくれば思い出す         
                            はるかな尾瀬、遠い空

              と言っても、私、初めての尾瀬です、歌の世界で知っている尾瀬



尾瀬近くの片品村、鎌田温泉に二泊して(本来なら武尊温泉に一泊する予定が予期せぬことにより
連泊となりました、またこのお話は時間がありましたら…)
尾瀬を半日と丸一日、歩きました…



   8月14日お昼頃到着
  大清水より尾瀬入り








割と広めの道が続きます
高低差はほとんどなく歩きやすい



この林道では素敵な蝶に会いました











                                                   アサギマダラ
                                           優雅に舞う、美しい蝶でした





一ノ瀬休憩所辺りまでは平坦でしたが、、その先は道も狭くなり、勾配もあり最後はきつかった…
結局時間切れで(宿への到着時間から勘案し、3時までは歩くつもりだったので)
三平峠までしか行けず、、あとちょっとのところで尾瀬沼でしたのに



それでも、3時間弱で往復したのはすごかった(笑)
ガイドブックのモデルだと倍近い時間が掛かってます







三平峠への道を登って…
この辺りが見晴らしのいいところでした↓








そんなわけで、、歩くことに懸命でこの辺りの写真はお見せできるものがありません
一応証拠写真でした〜(笑)

下に地図を載せましたが青いラインが初日に歩いた所です





次の日、車を戸倉に停め乗り合いタクシーで鳩待峠へ(約30分)、ここから尾瀬入り
 鳩待峠にも駐車場がありますが、台数に限りもありすでに満車
 しかもくねくね道だったので戸倉に停め、乗り合いタクシーは正解でした



  この日も精力的に歩きました
  三条の滝へと向かうオマケをつけ、尾瀬ケ原をぐるりと一周、
  ピンクのラインがそれです







鳩待峠から山ノ鼻までは下り(3.1キロ)、行きはよいよい…です









さて、ここからいよいよ尾瀬ヶ原に入ります
平坦などこまでも続いていそうな木道を歩く…




                             燧ヶ岳(ひうちがたけ)を前に…



すごいな〜と思います
この湿原、広さもそうですができたその歴史を考えると
こうして歩いていることの不思議を思わずにはいられません…



現在、残念ながらミズバショウもニッコウキスゲもお花の時期は終わっています






 


そうそう、この日の天気予報は午後から雨、
しかし、ぱらりとほんの少しの間、感じただけでお天気にも恵まれました








続きを読む >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM