さくら の 一葉 (未来のさくらに)

  • 2009.04.18 Saturday
  • 19:00


                                           宇宙を旅するさくら
 

地球(ここ)に咲く花、
君が美しいそのわけは?

地球(そこ)に咲く花、
君は誰のために咲く?

地球(ここ)に咲く花、
君は何のために在る?

地球(ここ)は、
君が咲く星、
そして、 僕らが生きる星
 

              「きぼう」の若田光一さんより  →


               

続きを読む >>

さくら の 一葉 (やめられない止まらない・・・)

  • 2009.04.15 Wednesday
  • 19:15
もはや 止められない止まらない〜 
            
            かっぱ 〇〇せんのように  ぽりぽり・・・
            癖になるブログ目指してます ( きゃぁ ウソ、嘘!)
             
             止まらないのは さくらみち・・・です!





                           目にも好し さくらをメでる 新井薬師 (字余り〜)




哲学堂から中野通りを南の方へ
中野通りが桜並木であることはすでにお伝えしました
その桜トンネルの中を黄色い電車が横切る・・・ 
踏切待ち
そんな瞬間を狙いながら、もしカメラをお持ちなら歩いてみてください
鉄ちゃんじゃなくとも ワクワクします
そう、そんなして歩くほどよい距離に 新井薬師はあります  


                         



続きを読む >>

さくら の 一葉  (ハラハラ・・・まだ続くの?? )

  • 2009.04.13 Monday
  • 18:54



                             さくらかなぁ? 私かなぁ?   <乱舞>
                          

そうだ、〇〇・・・・・・!
またか〜とお思いでしょうが
それに、このテに乗る人などいないと分かっていますが ・・・・・


    ここは

   



続きを読む >>

さくらに恋して さくらに染まる

  • 2009.04.12 Sunday
  • 17:35
桜前線はどこまで北上したのでしょうか
宮城県辺りが満開でしょうか・・・ねぇ?
(と、問いかけてみよう、うふ)



ここ、箱根で目を引くのは「マメザクラ」です
またまた全身さくらいろに染まって帰ってきました


                                   背中だってさくらいろ 




                                         可憐なマメザクラ




             プチプチと咲いている 小さくて可愛い・・・  petit  petit・・・とね





そして、あの山に降る桜も見事・・・
    こんな風景を初めて見ました


続きを読む >>

さくら の 一葉

  • 2009.04.10 Friday
  • 18:39

<さくらとくるま>


 
 
わ〜い  〜〜ハットの二階からチビ車発見!   おもちゃみたい  


   この桜の時に、こんなところへ入って来るなんて考えられないことなのですが・・・
   ちっちゃいから 許されて絵にもなっています!?
   




そして、ここには大きな・・・



続きを読む >>

さくら の 一葉

  • 2009.04.09 Thursday
  • 18:40
     <てっちゃんが行く>



        
 
                なぜかときめき   この瞬間を待っていた

                普段なら踏切待ちは嫌だけど・・・

           
           


もう一人のてっちゃんはどうした?






続きを読む >>

 TOKYOさくらいろ  ~目黒川&西郷山公園~ 

  • 2009.04.09 Thursday
  • 18:36
さくらはかなり散っています
花びらの雪が積もってきました


       少し前、ほんの何日か前は 確かにこうだったのに・・・

                           

 

 桜の下で 語らうとき

   こんな所から失礼します
   私、どこにいるのかって?
   目黒区青葉台のイエ〇ー ハ〇〇の二階にテラスがあるんですよ〜
   車用品屋さんとは思えない贅沢な造りになっていて、
   ここ、人ごみを歩かないで 桜が見下ろせる素敵な穴場なのです (笑)
      実はこのお店の駐車場に車を置いています  
      後で、お買いものしますからぁ・・・




          

      今日はきっと  流れるままに 花びらが覆い・・・




   4月4日満開です、見下ろす桜もいいけどね
   いつまでもここから見ている横着もいけません
   歩きましょう!

   目黒川沿いに約800本のソメイヨシノが並びます






川沿いのお店も店先に俄か屋台など出し、
いつも静かなこの辺りとは全く雰囲気が異なる







川沿いの散策後は  ひぃひぃ・・・ 山に登り・・・



一帯が西郷山公園になっている




            

      すぐそこは代官山、旧山手通り沿いです






      都会でこのような(と言ってもそれほど高いわけじゃないけど)
      高低差を楽しみながらのお花見も、そうはないかもしれません
      







  こんな風にビルが見え
  桜が咲く

   西郷さんもびっくり
   なさっている?
  (西郷隆盛の弟・従道が所有した)




  東京っぽいお花見ですが
  場所など関係なく
  桜は
  見事に
  咲き誇っています
  人々を魅了して

      

  そう、あの日・・・
    ソメイヨシノは 満開でした



さくら の 一葉

  • 2009.04.08 Wednesday
  • 19:07




 
 
さくらにくちづけ・・・          by Canon Kiss



 
    さくらの写真が溢れてしまって、行き場がないっ。。
    記事の間に さくらの一枚を挟んでいくことにしました
    さくらだらけで すでにうんざりのことと思いますが
     この時季だけのさくら、
      儚いさくら、 
    と どうか諦めてくださいネ <m(__)m>



    


谷中をぶらり

  • 2009.04.07 Tuesday
  • 18:34
やっと寒さと決別、一気にお花見スイッチが入った あの日の東京
すでに日にちが経ってしまいましたが、
谷中界隈を
再び歩いてくださいますか?






    お昼休み、束の間のお花見デート
    夫と待ち合わせる
    スーツにネクタイはすでに暑そう 
    少し遅れた彼は額の汗をふきふきやって来た




         

         さくらをうつす さくらいろの通り

7〜8分咲きだね




すでに夜の席取りが始まっています

     ↓ここ、残念なことに大改装中でした

     

    「このたび朝倉彫塑館では、老朽化にともなう耐震補強と、
     国指定名勝の文化財保護の観点から、保存修復工事を実施することになりました
     平成21年4月1日から平成25年3月(予定)まで全面休館となります」


    わっ、さびしい  それにこんなに長い期間休館とは・・・
    屋根の上の僕にも会えない
    この屋上には大きなオリーブの木があった
    ここでオリーブに目覚めた私 (笑)
      スペインとかイタリアとかを思い浮かべていたので、
      ここ日暮里でオリーブの実がたくさん生っていたことで
      これは育てられるんだと知った




そう あれから・・・  今ね、庭ではオリーブの木がすくすくと育っています


この町には独特の 古い、懐かしい、それでいてどこか落ち着く匂いがある

   それは、全く知らない土地ではないから尚更
   小5終わりごろから ここから徒歩圏に住んでいたこともある懐かしさと重なる
   谷中の墓地を通って上野公園へ行く、はほどよい散歩路でもあった




外人さんも見かけます


谷中七福神巡りもできます
と言っても私、巡ったことはないのですが・・・

この界隈にはお寺70だったか(確かめていない汗 )点在する、お寺が多い町






それに、何故かしらん、猫が多い町でもある




      猫グッズを扱うお店、猫カフェなども・・・ 


















    



この町は猫で溢れている  猫の似合う町だ

   そう言えば朝倉彫塑館にも、猫の作品が多い
  
     




      こんないい匂いもしてきます





こんないい音もしてきます・・・  町の名も美しく響く「初音」

初音町という町名は、谷中初音町三丁目から四丁目にかけたところに鴬谷と呼ばれるところがあったことから、鴬の初音にちなんで付けられた。初音とは、その年に初めて鳴く鴬などの声のことである。
(看板より)


           

           ギャラリーなども点在する

少し前に読んだのですが・・・
小川糸さんの「蝶々喃々」(ちょうちょうなんなん)  谷中が舞台の小説(恋愛小説と言ってしまえばそうなんだけど)
主人公は谷中でアンティーク着物店を営む「栞(しおり)」さん、
お店にやってきた「春一郎」さんと出会う
やさしくて切ない 人を想う心がいい風に乗って、この町の中でふんわりと描かれていた
舞台はこの谷中じゃないとダメなんです(笑)
それくらい谷中が生きていた
ここで詳細に触れると横道に大外れしそうなので止めておきますが・・・

なんか好きだったのは、栞が春一郎を「キリンに似ている」「穏やかなキリンの目」としているところ、
キリン、動物園で一番好きな動物かもしれない、
のでこの描写に逢った時、グっと惹きこまれてしまうのでした(単純です)
そう、それに季節や食べ物への情感がとても美しく・・・
前述した朝倉彫塑館のオリーブの木もしっかり登場しているんです!

  ハイ、ここらでやめておきましょう。。
  そんな小説を思い出しながら・・・

     <あちゃ、しつこく追記!>4月4日の朝日新聞夕刊から、
    小川糸さんのエッセイが月一回で掲載されています (第一土曜日夕刊)
    タイトルは、「シアワセのかくし味」  ・・・うふふです
 


     

     錻力店、ブリキ?  窺い知れなかったのですが、何が売られているのかなぁ・・・





猫が多い、夕やけにゃんにゃん 「夕やけだんだん」と名付けられた階段
       
      下るとそこには谷中ぎんざが続く


     
 
     まだ   昼間のだんだん

         東京都モデル商店街第1号」の指定を受けた(昭和56年)商店街なのだとか・・・
         活気があります 
         様々な美味しそうな匂いがただよい、すっすとは歩けません 






谷中墓地内なのでお墓も写ってしまう、青山霊園もそうだけど・・・ 


   もし私にその時がきてずっと眠るとき (いえ、絶対に来ることなんですけど)
   春には桜が満開になる そんなところがいいな
   一年に一度お祭りみたいに賑やかに人が集う
   おぉ、 春だね
   うわぁ、桜が咲いたね〜 
   って目を覚ます
   そんな 場所で眠りたい

        隣りには夫がいて 並んでお花見する   この日のように・・・

        


                .....「蝶々喃々」とは「男女がうちとけて小声で楽しげに語らう様子」





そして、今日は今日でまた・・・

  • 2009.04.05 Sunday
  • 18:16

武蔵野市グランド付近のお花見のあと、やはり締めはここでしょ

再び戻って参りました
思えばS席の出会いがあったのは二週間前でした
いつもの倍の間、
今年は長いこと、桜のその時を待っていた・・・

    


春爛漫  善福寺公園で・・・


今、満開を迎えました
    時おり、花びらが舞い始めています
    ここ・・・・・・


      
      鏡よ、鏡、一番美しいのは?



      うーん やっぱり落ち着く
      それにここが一番の さくら さく・・・

     
       皆がここ一番って言ってます
       一人でも二人でも、皆になる!?   ねっ! 聞こえる→☆

  
        
     





しなやかに伸びて・・・  空に向かっている




        

        花の命は短いけれど・・・   花 満開の時
             






雪のようで・・・  日本画のような ここ



   

   クンクン・・・  ちょっぴり草の匂いもしてきたよ











モミジもみどり葉を大きくして・・・



       



       さくらいろに染まる小径でした・・・


            仙台の桜にバトンタッチする前に
              東京の桜、咲かせましょう        by  花咲かnaoko
                  
  


                            







 

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM