硫黄の香りに包まれて… 高湯温泉「ひげの家」

  • 2011.11.08 Tuesday
  • 22:56


この湯に惹かれたのはいつだったのだろう
3.11の後、私にも何かできることはないかなぁと思っていたときのことだ

twitterでのお友達丹羽尚彦さんが「旅館復興サポーター制度 種たね」という
プロジェクトを立ち上げていた

その写真に写っていたのは綺麗な乳白色の、いや、コバルトブルーとでも言っていいような湯
画面から匂いがただよってきそうな素敵な湯だった
湯に惹かれて「ひげの家」のサポーターになった
前払金のような復興支援、振り込みを済ませるとお宿から証書が届いた
そこには お礼の、温かい手書きの一枚がさりげなく添えられていた



いつ行けるかなぁ
ずっとこころ待ちにしていた湯



その湯に、今、こうして浸かっています
何だかとてもいい、
未来が現実になっている、この日が来たことを嬉しく思う


11月5日、福島県高湯温泉「ひげの家」にいました…




                                     もうちょっとみどり味を帯びていた湯



この湯は微妙に色が違って見えた
夜はみどりがかった白と思っていたら、朝はブルーがかった白で…


肌にやさしくしっとりとくる
硫黄の香りに包まれながら美容液を全身に浴びたような(笑)





                                            穏やかで 静かな時間



お宿に到着するやいなや
ご主人の「この度はありがとうございました」という言葉に迎えられた
そして、[今日はおかげさまで満室です!」と…
満面の笑み
「よかったですね、伺うことができて私もうれしいです…」

こうして来れたことも嬉しかったけど、お宿に元気が戻ってきた様子が何より嬉しい
応援していたのは本当に微々たる支援だったのにもかかわらず、
自分のことのように嬉しかったのは「種」で繋がっていたから?





                                             コスモスが微笑む…



女将さんが生けた花がお宿の至るところを飾っていた
コスモスであふれていたこの日






念願の湯にゆっくり浸かり、そろそろ夕飯の時間です





続きを読む >>

錦織り那須

  • 2008.10.31 Friday
  • 18:29

すごいことに・・・



       那須岳周辺は思っていたとおりでした
       車はちっとも動いていません
       上のロープウェイの駅の駐車場が詰まっているのでどうにもこうにも・・・


       そんな車を見ながら私たちはスイスイ〜 テクテク〜
       下の方に (去年泊った大丸温泉旅館手前の駐車場に)車を置き、
       ロープウェイの駅まで歩いています



        



        懐かしい、去年はまさに見ごろだった
        今年はちょっと早いけど、それでもいい感じではあります

          (去年の大丸温泉旅館



      ここから歩くこと約30分

      なんだ坂 こんな坂
      動かない車より断然速い つーの!
     
      



 




ロープウェイの時間もぴったりでした


 





ヤッホ〜  登った先には・・・



高所恐怖症の方も たぶん大丈夫 ↓







続きを読む >>

隠れ家 パート

  • 2008.10.30 Thursday
  • 17:52

ふう〜っ やっと 那須のお宿に辿り着きました
   こちらも隠れ家 なんと4組限定の宿 「御宿 なか田」
   まったくもって今回は隠れ家ツアーかぃ?!
   (再び断っておきますが・・・私のセレクトじゃないんです・・・) 


   ここでも出たんです!


   何がって??
     まあまあ・・・・
    
     その前にまずはお風呂、温泉〜っ




各部屋に内風呂と露天風呂 (大浴場はありません)
この宿は二階がダイニングルームになっているメゾネットタイプ









前夜の磐梯山麓温泉と比べて物足りなかった
広さだけでなく
温泉がトロッとしていた前夜に比べ、どちらかと言うとサラッとしたお湯
しかも、こちらは源泉掛け流しではなかったと思う

けど、どっちにしても好きな時間に独り占めできるのは嬉しい
開放感があって目の前には川

まだ緑が美しかった




    



    内風呂

      サラッとしていて 本当にこれが温泉?(失礼)
      かと思ったこちらの湯も
      しかし、じわじわと肌に馴染んで 
      時間をかけて つるりんとしてくるタイプの湯だった
      (ナトリウム・マグネシウム泉)



      






これが二階のダイニング
と言っても玄関が二階で傾斜地をうまく利用している構造
ここの階段を降りると部屋とお風呂と寝室になっている
下の部屋はちょっと小さめ(って、これは前夜が大きすぎたから贅沢ってものだけど)
それと、足の不自由なお年寄りなどには不向きであることも付け加えておきます




夕食の時間です


   たった4組のための それは季節感と、この土地の匂いのする素晴らしい食事でした
   出たのです・・・
   あれが・・・


 





続きを読む >>

沼辺のアルバム

  • 2008.10.28 Tuesday
  • 18:08
急ぎます!
題して岸辺のアルバム沼辺のアルバム
   余談ですが、、沼辺という地名が宮城県にあることをたった今、知りました



あひゃ どれが何沼だったのか・・・
  さっぱりわからなくなってしまいました  
       (10月12日撮影。かなり現状とずれていると思いますので、これからお出かけの方、ご注意ください)









これは確かに、毘沙門沼
    何故なら、大きくてボートに乗れるのはここだけだから









たぶん、、青沼 汗
   コバルトブルーがとても美しかった



五色沼自然探勝路は 1時間位(約3.7キロ)の遊歩道
割合平坦なのでお散歩に程よく、気持ちよく歩けます










それぞれに違う色を持っているのは 磐梯山噴出の時に噴出された鉱物質の溶け方や 陽光があたった時の屈折率の違い、
水中植物の影響などによるものだそう
それに、見る角度や、時間、季節、天候によっても 水の色が微妙に違って見えるそうな








続きを読む >>

五色沼へと参りましょう

  • 2008.10.25 Saturday
  • 10:04
宿を出て五色沼へと向かいます
磐梯ゴールドライン?(だったか、、)時間が経ってしまい記憶曖昧 汗


渋滞もなく秋色に色づく道を進む












    


    私も見つけました〜
    このバスも使われているんだと思います



五色沼周辺はさすがに車が多くなってきました
これから約一時間のトレッキング
これが楽しかった 沼の色がいろいろで・・・
どうしてこんなに違って見えるんだろう







林の中を進み、次はどんな沼が待っているのか・・・
目の前に現れたその瞬間
わ〜〜
神秘なる沼



 こんなしてぐるり回ったのです
 どこまでも歩いて行けそうでした
 







疲れを感じない
こんな空気に包まれていたらどこまでも歩いて行けそうなんです


   と、またまたさわりの写真をアップできただけ
   トホホ、皆様見捨てないでくださいね


   時間がなくなってしまいました

 
   これから



続きを読む >>

泣ける手紙に 泣ける○○メン

  • 2008.10.15 Wednesday
  • 20:42
ここには
ほらほら そこのあなたが涙している
「誰も知らない 泣ける歌」ではなく
「誰もが知る 泣ける手紙」があるのです


野口英世記念館で・・・
    家を出たのが6時半、10時にはここに着く








野口英世の生家




      



      ノーベル賞の受賞に沸いたこのところでしたが、英世も受賞されていたのかと・・・
      しかし、3度候補には上がったものの賞はいただいていないそう
      そして、今や1000円札の顔でお馴染みです







続きを読む >>

いや〜 遠かった〜

  • 2008.10.13 Monday
  • 21:30
    狩りから無事に帰りました!



   




   みちのく入りしました

    「仙台」の文字に何だか興奮 tomatoさんに近づいてる!
     だけど、左へ行くんです。。
     
     







いや〜  走った走った
  この3日で800キロ位?走ったと思います
  走ったのは車ですが。。
     








もみじ裏磐梯 五色沼で・・・








もみじ那須で・・・
  
  ピークはあと4〜5日先かなー 
  緑の織り混ざった 那須の紅葉は本当に美しい
  








とにかく食べる秋も美味しい
  秋は香り
  明日からダイエットします









全く写真の整理がついていません
またまた小出しにしながら楽しみたいと思います

     とりあえず
     ただいま、をお伝えしたくて・・・




categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM