念願叶う… 仙仁温泉、岩の湯

  • 2013.08.25 Sunday
  • 23:01
 


小布施の町を歩いています
しかし、暑い
ここは盆地なんだなぁ〜と、体から思う

   8月15日のことです…


      
                         暑さに負けた、入ろ〜



今は栗の季節でもない
でも、ここには美味しい日本酒があるw
枡一、蔵部でランチをとる、この町に来るとお決まりのランチだ
日本酒の蔵元のレストランなので、冷酒をいただきながら…
竃のご飯の炊ける匂いを感じながら…
贅沢なランチタイムだった



その後涼しいカフェでまったり、新しく出来たカフェは天井の高い、
清々しい空間だった
しかし、外は暑い、猛暑日だったか…




      
                    




  さてさて、寄り道はこのくらいでね
  お宿へと行きますか〜

  
  チェックインは14時、チェックアウトが12時
  楽しみにしていた須坂市の仙仁温泉、岩の湯


  この宿の情報は裸で得た、生の貴重なものだった(笑)
  秘湯の温泉宿 長寿館(群馬県)のお風呂で、やはり秘湯巡りをしていたおばさまと
  温泉談義が始まり、ここが一番のおすすめであると彼女は教えてくれた

   でも、予約は取りにくいけどね…と


その念願が叶い、このようなお盆の時季に予約がとれたのも奇跡?
なるほど、素晴らしいお宿だった
温泉は聞いていた以上に、どこにもないすごいものだったし、施設としても食事も申し分ない
スタッフさんのにこやかな対応も素晴らしい




      
                            湯上がりのカフェで…





岩の湯、自慢のメインの湯は「仙人風呂」という洞窟風呂だ
薄暗がりの洞窟を進む、まるで迷路のようになっていた
一人ではとても怖くて入れないほど、混浴でよかったと思ったこともない^^
(湯に入るための着衣が用意されている)


底は砂利で岩盤から湯が湧き出る、それが滝のように流れる
洞窟一帯を川のように流れる、温泉というより探検、温泉ウォーキングに近いだろうか
洞窟サウナという感覚も



続きを読む >>

2305メートルの

  • 2009.08.28 Friday
  • 18:42
 
高い所はお好きですか?
  私は好きです!
    そうそう、バカと何とかは・・・・・・と言いますョ



  万座から 今、どこへ向かっているかというと、2305メートルの雲の世界です 



助手席カメラマンは行く・・・

                                 秋の風に誘われ 秋の空に近づいて




高い所が好き 2172メートルまで上ってきました

                       長野県と群馬県の県境  最も高い所を走る国道292号



ここ、横手山にはリフトがあり、何度も上っているのですが
何だかお盆と言うのに、いつもより空いている感じもしたので・・・ やっぱり行ってみます!



高所恐怖症の方はこの辺でお帰りくださいネ


    あ、ダメダメ、
    写真なら平気でしょう?
    行きましょう!!




私は足をぶらぶら・・・ついでにリフトも揺らしたくなるし も元気   横で夫は無口になる・・・

                                        涼しい〜 寒いくらいですよ〜



リフトに乗ってすぐのところに、カメラマンが構えています
これが勝手に商売、許可なく撮るんですよ〜
「こっち向いて」って感じでね

知っている私はそのテには乗らない
プン!と そっぽ向きたい気持ち 
   あ、けれど、この写真は下りてきた所にずら〜っと張り出されるんです
   一応ポーズとって・・・

もちろん、そんな勝手に撮られた写真、一枚1000円かなぁ??
買うわけありません!
   でもいいお顔はしておきましょう




どんどん足もとの景色が小さくなります
リフトって振り返って下を見ると楽しいんだな、これが



到着した世界は

                          本当に雲の中の世界だった  辺りは雲色一色



晴れていれば富士山も白根山も赤城山も・・・・・   見えるはずであった

この辺りかなぁ と想像で楽しむことにしよう


わずかに雲の切れ間がやってくる

                                         晴れるとこんなふうに・・・




空が高く

                                    それでいて空に近づいた感じ



太陽の照りつけ方は半端じゃないのに、風は冷たいくらいです



     さぁ 高所を満喫したところで、そろそろ下りましょうか(えへ、もちろんリフトで往復)



rendez-vous (ランデ ブー) 意味がよくわかっていないけど そんな

                                              渋峠ロマンスリフト




渋峠から 次は2160メートル草津白根山へと向かいました
すると、この日はガスの発生なのでしょうね、湯釜の方への散策道は立ち入り禁止でした
あぁ 残念です 


草津経由、遅い昼食と温泉饅頭を買い(草津の暑いこと!)、軽井沢へ・・・




生きているんだ

                                                   小さな命の世界



この時太陽の光がちょうど差し、世界が神々しく思われたほどだった
よくわからないけど  美しい
素直にそう思えた瞬間



オマケの・・・

横手山ではもう終わりかけたニッコウキスゲ      エーデルワイス??







                                        日常と非日常を彷徨う 旅



一泊の思いがけない小旅行もこうして終わろうとしています
軽井沢駅で またまた指定席には空きがありません、8月14日の夕方ですからね
あと3分というあさまの切符を買いました!
改札口で見送る夫&息子の心配そうな視線を背中に感じながら
またもや走った飛び乗った 私です


   今度は座れたかって?
   軽井沢駅に到着したあさまの自由席は9割ぐらいの乗車率
   今回、新幹線にはついていました


   
   「座れたよ〜」  
   さ、東京留守番です、待つ  その時を待つ・・・   私でした
   









美人女将と・・・ 人情の渋温泉

  • 2008.09.04 Thursday
  • 18:45
  

 



   うふふ・・・
        後ろ姿ならいいかしら 
        若き外人男性が運転する車の中です
        なぜ、このような渋い温泉街に? 日本宿に?
        この方は宿のどんな立場のお方なのかしら・・・
        謎だ 帰ろうとする今になって? 


   いい温泉、それにお宿だったと振り返る
   かっこいい後ろ姿に酔う が、出会えたの、遅すぎるぅ! (笑)
   夫は(たまたま用事があって助手席に乗られた)美人女将と楽しそうに会話してる
   互いの視線の先が異なるのはちょっと面白い

   そうそう、美人女将さんのいる宿だった!  (古久屋さんのサイト→ 


       

チェックアウト:10時 
渋温泉「古久屋」(こくや)さんから駐車場へ送ってもらう
温泉街には駐車場スペースがなく、少し離れた所に宿の車で向かっています





        
続きを読む >>

小布施の風

  • 2008.08.26 Tuesday
  • 21:19









 寄り道の小布施で
    風が吹きました
    蕎麦の匂いのする風

      小布施は暑かったぁ
      小布施と言えば、栗と 北斎と…

独特の町並みがあります

と、今夜は風だけ吹かせましょ



ひぃひぃ〜 ヨボヨボさんが ぷっつん ひぃこら
今、iphone使って投稿してる
私も ひぃこら…

来週、お別れすることにしました
ヨボヨボさんと



あとちょっと がんばってね!






 

迷い込んだ 海野宿

  • 2008.08.19 Tuesday
  • 18:41


のんびり行こうよ・・・  



   そうそう 私たちは松本市浅間温泉を目指していた
   途中にはどうしても立ち寄りたいお蕎麦屋さんがある

   そんなドライブ中








 「海野宿」という看板を見つける
    あー ここだったんだ



    いつか何かで見た海野宿(うんのじゅく)


    予定にない 寄り道と相成りました






東御市(とうみし)海野宿は寛永2年(1625)に北国街道の宿駅として開設された。北国街道は、中山道と北陸道を結ぶ重要な街道で、佐渡で採れた金の輸送、北陸の諸大名の参勤交代のほか、江戸との交通も頻繁で善光寺への参詣客も多くあった。
寛保2年の大洪水によって隣接する田中宿が被害を受け、本陣が海野宿へ移されてからは、伝馬屋敷59軒、旅籠23軒と、賑わいを見せた。明治に入り宿場機能が失われてからは、養蚕の村へと移り変わる。



海野宿は伝統的な家並みが現在まで保存されていることから
昭和61年には「日本の道百選」
62年には「重要伝統的建造物群保存地区」に選定を受けています











静かな町並みには 止まったかのような静かな時間が流れていた




続きを読む >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM