迷い込んだ昭和

  • 2008.02.28 Thursday
  • 22:36
   どこかで見たような あったような 
     体のどこかが知っているような しみついているような・・・
     不思議な懐かしさ   


   普通の家です。ただブロック塀にドリンクメニューがずらずらと書かれた看板があったこと、そのくらいで。


 





         
                     ↑2階店内


ごく普通の玄関を開けると・・・
靴を脱ぐのか脱がなくていいのか、ちょっと迷う。
靴のまま上がると台所(厨房と言うより)が見える。
いい匂いがして、どこかの家の感覚です。
1階にもカフェスペースがあるのですが、この時期は玄関の出入りで寒いためか余り使われていないようで、2階へ案内されました。






ほぼ家の真ん中に位置する細い階段を上ると 
日差しの柔らかく入り込む広い部屋に
木のぬくもり 天井も テーブルも椅子も床も 窓の枠も・・・

壁はギャラリースペースにもなっています

  空いていたソファ席に座る。









住所を頼りにやってきました
  下北沢の南口 細い路地が入り組んだ中で迷いそうになりながら・・・
  こんなところに?
  そう、本当にそんなところに カフェ「mois cafe モワ カフェ」があったんです 
    築40年という 一軒家のリノベーションカフェ


  




続きを読む >>

初めてなのに いつか居たような・・・

  • 2008.02.16 Saturday
  • 18:46
          



           


            
            ここは下北沢 
              いつかの時代、どこかの場所に迷い込んでしまったかのようです
              だけど初めて来たとは思えないのが不思議
              
            
              
              
              
              
               





以前満席で諦めた喫茶「ミケネコ舎」へ。

1階が骨董屋さん、昭和12年築の建物の階段を上がると
迷路のような部屋・お店・・・
その中にふんわり広がる空間がありました。











     いつか私
     ここに居たことあると思う 
     いつか見たことあると思う この部屋や目の前の窓の風景とか...
     


 布張りのレトロな椅子は 何人のお尻を知っているのでしょう。 (笑)
 幾人ものお尻にしっくり合う形に 椅子が自在に変形するかのように妙に座り心地がよくて、
 店名のごとく猫のようにまったりしてしまう。
 この窓を前にした席、特等席と見ました!




 


続きを読む >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM