道草食ってます

  • 2008.02.20 Wednesday
  • 19:01
修善寺への道草は フランスブルゴーニュ!?
     んー これじゃどっちが目的地なのかって話です。
     気分はまさに!
         こんな景色が広がるのですから・・・
     




 
  いつの雪でしょう
  ブドウ畑一面の雪景色でした
    いつか来た時は眩しい日 まるで違うところへ来たみたいです
    やっぱりフランスだ(と思い込む...)
    







4階のレストランから・・・
  あいにくの曇り空でこの日は富士山は無理でした







ずっと道草していたい・・・
  ずらりと並ぶ地下のワイン コレクションセラー
  志太 勤さんの(シダックスの社長さん)コレクションです
  19世紀後半の貴重なフランスワイン、カリフォルニア・ナパ・ビンテージワインなどなど・・・
  




こんな風に言ってみたい。。







 前回入ったことのあるナパ・バレーワインラウンジ
 ここもナパのワインとカリフォルニアワインのコレクションがあり
 ワインのテイスティングができるところ






ワイングッズショップ
  ワインはもちろん、内外のもの
  おつまみからグラスまで・・・
 







           



            見晴らしがよくゆったり食事のできる
            シャトーレストラン ナパ・バレーで本格的道草します
       






続きを読む >>

温めていたカード 〜朴念仁〜

  • 2008.02.12 Tuesday
  • 18:28
修善寺には修善寺があるんです 修善寺というお寺があります。
春の日差しの中、修善寺界隈をお散歩、
桂川という川も流れていて渡月橋まであります。まるで京都を歩いているかのような・・・
竹林の小径まであります。
ぶらぶらしていると・・・
   びびび〜〜〜っと来るお店、風情あるお蕎麦屋さんの前に差し掛かりました。



           

           
            店名「朴念仁」というお蕎麦屋さん
             どこかで聞いた名前、
             それにここのショップカードが家にある!
             なぜ??
             一度も来たことないのに。
            
             思い出すのにちょっと時間がかかりました。
             12時少し前
             外で待つ人は誰もいません。
            
             引き寄せられるかのように・・・ 
             




元は旅館だったらしき歴史を感じる建物
  静かな落ち着きが流れています






続きを読む >>

lovely Marie(マリー)

  • 2008.01.26 Saturday
  • 18:28






熱函道路を走っていました・・・  
    走る車から一瞬のこと
    看板からいい匂いを感じる。

    「あっ!」  発した私の声とほとんど同時に・・・
    家族ってありがたいものです、言葉にしなくても通じることもある!
    キュ〜 車は駐車場に止まりました。 
     そろそろ3時という時間  ............日付はまたまたバックしまーす...........
    
     



    


    それになんだかとても可愛いの!

          小さくても女の子(当たり前のことだけど・・・)
          姉妹であれこれ、本当に楽しそう。
          それを目にした私まで 楽しくなるのはなぜでしょう。
          








生活雑貨とベーカリー&カフェのお店「Marie」(マリー)

看板と可愛い女の子に惹かれての、三時の寄り道カフェでした。






続きを読む >>

葉っぱで Happy Happaya!

  • 2007.12.19 Wednesday
  • 18:47
  

 




    お掃除進み、綺麗になりました〜
      だとよいのですが・・・



      画像の大掃除をしていたら捨てられないものが出てきたんです。
      あれは、11月24日
      ここに残しておきたい カフェを見つけました。




      


       大室山からお宿へ向かう途中
       オシャレな看板を見つけました。
       「HAPPAYA」
       下調べも全くないので看板の匂いだけ、
        クンクン
        ビビビ〜〜ッ。





近づくと手入れされた庭があり、それを眺めるテラス席もあり、しかもガレットのカフェと知りました・・・




続きを読む >>

☆☆☆続きます。

  • 2007.11.26 Monday
  • 17:51
日本の三つ星な風景であると共に 「遠回りしてでも是非立ち寄りたい」お店があります。
伊豆スカイライン 冷川・「峠の茶屋」再訪しました。
   おまけに美味しそうな ☆が(き)い〜っぱい。



        



         前回は緑ゆたかな季節でした
           今回は実りの季節の後・・・









     これに参りました! 
     ☆が三つどころではありません。
     ☆柿の暖簾の
     温かさ 懐かしさ それに美しき知恵・・・
       忘れかけていた風景にここではたくさん出会えるんです。




       



        土間があって板の間があって ここで待つ。
          炭の香りとじんわりとくる暖かさに ぬくぬく・・・
        




続きを読む >>

かくれ家にしたい かくれ里

  • 2007.10.19 Friday
  • 17:20






  本当のところ 人には教えたくないような・・・
     こっそり大事にしていたい
     茅葺き屋根の一軒家 御殿場「旬菜料理 かくれ里」 



  御殿場プレミアムアウトレットに入ってしまうとランチに困る、混んでいるだろうし。
  この周辺、ちょっと困っていたのですが嬉しい発見でした!
 



      

      
      外観もよい雰囲気のここは
      店内も期待を裏切らない 素敵な空間
      ただ古いだけじゃなくて 上品さがある
      それに美味しい
      それに安かった!





玄関に張り紙があった。
いやだなぁ、休みなのか?・・・
  張り紙には
  「しばらくの間、土・日・祝日のみの営業とさせていただきます」
 

玄関で靴を脱ぐ。
1時を過ぎていたのでピークは過ぎたよう。
一組の客がいたのみで広い室内には静けさが。






      
続きを読む >>

15:00発 オリエント急行

  • 2007.10.18 Thursday
  • 17:57
   
    仙石原のススキに、
    星の王子さまミュージアム。  もう十分過ぎるくらいの箱根...
    、星の王子さまに行く前に しっかりル・トラン乗車券を買っていました。
    せっかくここまで来たのですから、
    「オリエント急行に乗ろう!」
           


        

        
         捨てないで〜!   ぎりぎりセーフでした。

          ラリック美術館の入場券、この半券があれば一年間、
          ショップ「パッサージュ」、レストラン「LYS」と ル・トランは入場料なしで入ることができます。


         15時ちょうどのオリエント急行を待つ。
         





       



        オリエント急行のサロン車両がそのままカフェになっています。
        予約し定員20名のサロン。
        装飾品・窓のガラス工芸やランプはルネ・ラリックが手がけたもので
        車内は写真撮影禁止。。(涙)

画像中の右下、ラリックのガラスの下にギターが見えますか?
  これ、ロックバンドTHE ALFEEの高見沢俊彦氏が寄贈したものとか。
  オリエント急行型ギターで、このギターは昨年、25回連続夏の野外コンサート用として制作されたもの。
  ここにあるオリエント急行No.4158がモデルになったものだそうです。年末まで展示中。


        では 45分間の 超リッチなカフェ旅へ出発進行!



続きを読む >>

芦ノ湖畔の アート×イタリアン

  • 2007.07.20 Friday
  • 08:25

玉村豊男ライフアートミュージアム、この4月にオープンしたそう。おのぼりさんのブログで知り、ビビビ〜。こんなに早く実現するとは...
箱根神社、遊覧船の船乗り場に近く、芦ノ湖畔で普段なら人が多く集う場所にミュージアムはあります。

  






 彼の名を知ったのはいつだったろう...
 確か、婦人雑誌か何かに掲載のエッセイで、だったか...

 多彩な才能も素晴らしいのですが、何よりその生活スタイルが憧れそのもの。
 エッセイスト、さらに画家であり農園主であり、ワイナリーのオーナーであり。
 (特に最後のは魅力的!!)



植物や風景、魚などを描いた版画の展示。さらに奥の展示室には「ヴィラデストガーデンの花」の水彩画。玉村豊男さんの住む、長野県東御市・ヴィラデストガーデンの花を描いたものです。そこに咲く花たち、さりげない作品ばかりで、構えることなくスーっと気持ちよく入り込んでくる。一見地味なようですが、生命に溢れている穏やかな作品です。




      ...........ここにはミュージアムのほかに、もう一つのお楽しみがあります............


          




                 

ライフアートミュージアムに隣接してオープンした「アクアパッツァテラス」がそれ。
東京広尾にあるイタリアン「アクアパッツァ」の日睥票促轡Д侫廛蹈妊紂璽垢砲茲襪發痢




さてさて、目の前はこんな...
 
続きを読む >>

日本の匂い 「峠の茶屋」

  • 2007.06.15 Friday
  • 18:16
       

     

      
             伊豆高原からの帰り道
             伊豆スカイライン 冷川に
             ずっと気になっていた佇まいの茶屋があった。
             ちょうどお昼時
                 寄り道します!
          

















タイムスリップしたみたい。
わら葺屋根の建物が何棟かあって
水車があって
奥へと進む...





            


         「峠の茶屋」の入り口

             土間があって
             かまどがって
             ここには
             懐かしい匂いがありました。



続きを読む >>

目の保養の後で・・・

  • 2007.04.17 Tuesday
  • 17:00
       

       

          
       ポーラ美術館 Arrayアレイで。


窓が大きく天井が高く、開放感溢れる美術館内のレストラン。最近は美術館にレストランが併設され、オシャレな空間でいただける楽しさが増えました。
白で統一された店内は眩しいくらい明るい。



続きを読む >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

naoko55本箱

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM